この星の格闘技を追いかける

【Bellator143】ジョー・ウォーレンが鉄壁のTD&コントロール。デイビスを完封!!

<バンタム級/5分3R>
ジョー・ウォーレン(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
LC・デイビス(米国)

サウスポーのデイビスが素早い右ジャブを常に見せて、左ストレートへ。ウォーレンは右ハイでバランスを崩す場面が見られたが、すぐに立ち上がって飛びヒザから組みついていく。距離を取り直した両者、ウォーレンがケージ際のシングルレッグでテイクダウンに成功する。腰をコントロールし立たせないウォーレンに対し、デイビスはケージに背中をつけて懸命に抵抗する。しかし、ついに背中をマットにつけられてしまったデイビスは、ニアマウントからパンチを落とされる。

何とかハーフからフルガードに戻したデイビスだが、パンチをここから受けてスタンドに戻ることはできない。蹴り上げから状態を起こしたデイビスの腰を即取りに行って立たせないウォーレンが、小刻みにパンチとエルボーを落とし初回を取った。

2R、デイビスはここでも右ジャブから左ストレートを伸ばすも、アイポークがあったと試合が一時中断する。右目を真っ赤にしたデイビスは再開後、ヒザ蹴りから組んできたウォーレンにギロチンもテイクダウンを許し、スクランブルへ。背中を譲りながらデイビスは立ち上がり、胸を合わせる。間合いを取り直したウォーレン、デイビスはローを入れるもヒザ蹴りを腹に受ける。ケージ際に組まれ体を入れ替えて離れたデイビスだったが、ウォーレンはファイヤーマンキャリーからボディロック、ケージに押し込みながら大内刈り、さらにダブルと攻勢を続ける。

ここは自ら離れたウォーレンは、肩で息をしているがデイビスのジャブにボディロックからテイクダウンを決める。ここからアグレッシブにパスを狙うウォーレンがヒジを入れ、蹴り上げたデイビスをボディロック。後方に回って大きく投げると、肩固めを狙っていく。デイビスはディフェンスすると、ハーフからエルボーを落とし2Rを支配した。

最終回も早々にテイクダウン狙いからバックを取ったウォーレンが、起き上がろうとするデイビスの腰をしっかりとホールドして抑えこむ。必死にケージに寄りかかりスタンドに戻ったデイビスだが、パンチを狙うとダブルレッグを合わされテイクダウンを奪われる。スタンドに戻るもケージに抑えこまれたままのデイビスは、ワキを差して体を入れ替えようとした瞬間に、バランスを崩され寝技に持ち込まれる。このままトップをキープしたウォーレンがフルマークの判定勝ち、デイビスを完封した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie