この星の格闘技を追いかける

【Titan FC35】接戦、僅差の判定制したホーンが新ライト級王者に

<Titan FCライト級選手権試合/5分5R>
リック・ホーン(米国)
Def.2-1:49-46,48-47,48-47
パット・ヒーリー(米国)

オレゴン州対決となったメインイベント。ワンツーを伸ばすヒーリー、ホーンは右ローを返す。ヒーリーの左フックをかわすホーンは、組まれると足払いでヒーリーを転がす。すぐに立ち上がったヒーリーに、ホーンは左フックを入れる。ヒーリーは左右のボディフック、ホーンは左フックを放つ。ホーンの左がその後も決まり、試合をリードする。組めないヒーリーはダーティボクシングでアッパーを連打しヒザを狙う。距離を取り直したホーンが左ジャブから右ロー、前に出てくるヒーリーに右を打ち込む。

ホーンの小外刈りを耐えたヒーリーが左ボディフックを決める。さらにワンツーから右ボディ、嫌がったホーンが間合いを外す。残り10秒で組んだホーンがヒザを太腿に入れたところで初回が終了、判断の難しいラウンドとなったが終盤の接近戦でリードしたヒーリーのラウンドとなったか。

2R、ジャブから距離を詰めてダーティボクシングのヒーリーに対し、離れたホーンが左フックを放つ。主導権争いが続くなか、ヒーリーのローシングルを切ったホーンが右ローを蹴っていく。このローにパンチを合わせるヒーリー、一瞬組み合うとホーンが膝車のような形で尻餅をつかせる。寝技に移行せず、スタンドで待つホーンは左の小外刈りでも尻餅をつかせる。とホーンは右ストレートを顔面にヒットさせる。間合いを外すホーンを追いかけて右ローを狙ったヒーリーは、またも右ストレートを被弾。組ませないで殴るホーンが、ラウンドを制した。

3R、ホーンが右アッパー、右を見せて足を掛けて倒す。立ち上がったヒーリーはボディロックからついにクリーンテイクダウンを奪う。背中をマットにつけたホーンに対し、ヒーリーがハーフから抑えるが、右腕も挟まれなかなか抜くことができない。足より、まず腕を抜いたヒーリーは、逆の腕でエルボー。ホーンが起き上がってくるところで頭を抱えて再び背中をつかせる。左エルボーを引き続き落とし、パスを狙ったヒーリーがラウンドをモノにした。

4R、ヒーリーの左ローがホーンの急所に入り試合が中断。再開後、左ジャブを伸ばすヒーリーに対し、組んだホーンが内股を狙う。続いて小内もケージを背にしたヒーリーに防がれ距離を取り直す。細かいパンチを打ち込むヒーリーは、シングルには失敗し、右ストレートを受ける。ジャブを伸ばし合う両者、ヒーリーはここでもシングルレッグを防がれる。それでも前に出て左をヒットさせたヒーリーは、ケージに押し込まれて右エルボーを入れる。離れた両者、ヒーリーがパンチからダブルでケージ際へ。体を入れ替えたホーンは小外刈りでテイクダウン。ここもスタンドをキープし、トップを取らないホーン。初回に続き、優劣の判断が難しい5分間となった。

最終回、ヒーリーが右をヒットさせると、距離を詰めたホーンが大内。耐えたヒーリーはダーティボクシングで細かいパンチを連打する。もう一度、大内刈りを防がれたホーンは離れて右を伸ばす。パンチを受けながら前に出てくるヒーリーをいなすホーンだが、左ジャブを受ける。両者、攻撃は単発になってきた最終ラウンド。残り2分30秒、気持ちの戦いとばかり前に出るヒーリーはダーティボクシング、投げを潰してヒザをボディに入れる。ホーンはそのままヒーリーをケージに押し込むも体を入れ替えられそうになり離れる。

小手を決めて、がぶりからギロチンに入ったヒーリー。これを解いてダブルレッグからハイクロッチへ。ついにテイクダウンを奪い、スクランブルのなかでバックに回るとシングルフックから、バックマウント。両足をフックし、ホーンが落とそうとしたところでタイムアップとなった。

2Rはホーン、3Rと最終回はヒーリー。1Rと4Rがどのように判断されるか。スプリットで別れた裁定はホーンを勝者に選んだ。微妙なラウンドを取った形のホーン、49-46はないと思われるが、トライスターにとってホームといえるタイタンFCは新王者誕生を歓迎しているようだった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie