この星の格闘技を追いかける

【UFC191】ジョアキム・シウバがオクタゴン初陣でスプリット判定勝ち

<ライト級/5分3R>
ジョアキム・シウバ(ブラジル)
Def.2-1:30-27.30-27.28-29
ナザレノ・マレガリエ(アルゼンチン)

やや前傾姿勢のシウバに対し、遠い距離から左を伸ばすマレガリエ。右を返したシウバだが、直後にマレガリエが左フックをヒットさせる。シウバの飛び込み際に左フックをまたも打ち込んだマレガリエは、テイクダウンのフェイントを見せて引き続き左を見せる。シウバは右アッパーを放つと、下がりながら右フックをテンプルへ。飛びヒザから右フックと中盤に来て盛り返したシウバは、マレガリエのシングルレッグにギロチン+ヒザで応える。マレガリエは左をヒットさせた直後にシウバが連打とともに前へ。右目尻をカットしたマレガリエ、ここで右フックを当てるもシウバの飛びヒザが軽くマレガリエを捉えたところで初回が終わった。

2R、シウバの右フックにシングルレッグで尻餅をつかせたマレガリエが、両足を抱えてもう一度しっかりとシウバをマットに倒す。立ち上がったシウバの右にマレガリエが右を打ち返す。マレガリエは左をヒットさせるが、息が荒くなりケージを背負う場面が増える。左ハイはブロックされたシウバが、プレッシャーを強める。しかし、クリーンヒットがなくマレガリエが再び前に出るように。シウバの右ヒジ、マレガリエは左フックを打ち返す。終了間際に右ストレートから右ショートを決めたシウバ、前に出ている印象はシウバの方が強かった。

最終回、マレガリエの左ジャブにヒザをボディに入れたシウバ。続くハイはガードの上だったが、テイクダウン狙いを切って右前蹴りを見せる。シウバの左ヒザにショートの左フックを入れるマレガリエは、右をカウンターで伸ばす。前に出るシウバ、回りながら迎え撃つマレガリエという展開で、試合は最後の2分に。マレガリエは左ジャブ2つから右ストレート、さらに左を入れる。シウバはヒザ蹴りも、左フックを顔面に被弾する。シウバは左ミドルハイから左ハイ、マレガリエがワンツーで前に出る。マレガリエが右前蹴りをキャッチしてシウバに尻餅をつかせる。すぐに立ち上がったシウバは、またも飛びヒザに左を合わされてしまう。タイムアップと同時に両手をあげ勝利をアピールした両者は、ハグで健闘を称えあった。

結果はスプリットで勝利したシウバが、キャリア8戦目で初の判定勝ちでオクタゴン初陣を飾った。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie