この星の格闘技を追いかける

【DEEP CAGE】最終回の猛攻で下石が岩瀬に逆転勝利

Shimoishi vs Iwase【写真】岩瀬のパンチをかわしてテイクダウン、3Rの猛攻で下石が勝利を絶対とした(C)MMAPLANET

<ライト級/5分3R>
下石康太(日本)
Def.3-0
岩瀬茂俊(日本)

遠い距離から左フックを入れた下石、右は空振りとなり岩瀬のショートを被弾する。続いて組み合いのなかで岩瀬がバックを取って両足をフックする。ワンフックの岩瀬はケージを背にして懸命にバックをキープ、下石はリストを掴んでRNCを防御する。胸を合わせにきた下石を抑え、立たせるスペースを与えない岩瀬。最後もスタンドながらバックコントロールを続けた岩得が初回を取った。

2R、素早いワンツーで前に出てペースを掴みにかかった下石に対し、岩瀬がヒザを入れて姿勢が立ったところにダブルレッグを仕掛ける。即テイクダウンからバックに回った岩瀬はケージを蹴って腰をずらそうとする下石をワンフック&襷で制する。再び背中をしっかりとつけた岩瀬だが、下石は胸を合わせてトップを取り返す。細かいパンチを落とし続ける下石。最後に立ち上がった下石は足を払ってエルボーからパンチを連打。判断の難しいラウンドとなったか。

最終回、左ミドルからパンチにつなげる下石が左ストレートを打ち込む。下石はテイクダウン狙いからヒザ、続けて左ミドルを入れる。ここで下石が組んで岩瀬をケージに押し込む。ブレイクが掛かり、両者が分かれると岩瀬の右をかわした下石がダブルレッグでテイクダウンに成功する。トップを取った下石のエルボーで岩瀬がカットし流血に追い込まれる。ハーフでトップをキープする下石のエルボーが続く。最後はバックから岩瀬の立ち上がり際に蹴りを入れ、向き合ってはパンチを連打した下石が3‐0の判定勝ちを手にしライト級戦線で生き残った。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie