この星の格闘技を追いかける

【UFN74】ラトビアのサークノフが柔道生かしたテイクダウンからパウンドでKO勝ち

<ライトヘビー級/5分3R>
ミシャ・サークノフ(ラトビア)
Def.1R4分45秒by KO
ダニエル・ジョリー(米国)

クリンチの状態でサークノフは外無双でテイクダウンし、テイクダウンに成功する。このまま上四方で抑え込んだサークノフは、ジョリーが亀になるとバックを取ろうとするが、前方に振り落とされガードを強いられる。ここでジョリーが立ち上がり試合はスタンドに戻る。すぐに組み付いたジョリーは小外掛けでテイクダウン、即マウントへ。バックマウントに移行したサークノフが左のパンチを連打、一度は腰を上げようとしたジョリーだが、左右のパウンドで背中が伸びると同時動きが止まり試合は終わった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie