この星の格闘技を追いかける

【EBI04】攻め続けたジョアオ・ミヤオは、オーバータイムのRNCで勝ち残る

<フェザー級T1回戦/10分1R>
ジョアオ・ミヤオ(ブラジル)
Def. Overtime
マイキー・メイン(米国)

シッティングガードからデラヒーバ、モダンを仕掛けるジョアオからメインが体を捩じって距離を取る。ハーフから足を引き寄せ、ベリンボロを狙うミヤオ。メインも距離を取り直すが、勝つにはオンリーサブミッションでもありガードの中に入っていくしかない。ジョアオのヒールを同様に防いだがメインだが、ジョアオはベリンボロゲームを続ける。デラヒーバ、リバースデラヒーバに間合いを外すメインは、ディフェンスに徹して攻めに転じることができない。潜ってデラヒーバ、トップを取ったジョアオがパスを狙う。メインもデラヒーバからリバーサルし足関節を狙っていく。ここでジョアオがベリンボロに持ち込もうとすると、メインはまたも離れる。

残り5分、ジョアオはベリンボロを続けメインが逃げるという展開が続く。ジョアオはトップゲームでパスからマウント、足を戻されてもすぐにサイドを取り返す。足を戻されたジョアオのパス狙いにヒールを仕掛けたメインだが、ジョアオも50/50からヒールへ。メインはここも逃げるが、ポジションを許す厳しい展開に。3度目のマウントに入ったジョアオは同体でマット中央に戻ると、肩固めへ。メインはブリッジでエスケープし、シングルレッグでトップを取り返す。ならばと下からヒールに入ったジョアオがクロスヒールヘ。

奇しくも50/50ゲームになりジョアオは外掛けに転じ、ヒールからリバーサル。パスしてマウントを取ると、ストレートアームバーにトライする。続いて腕十字へ移行するもメインが体を跨いで防ぐ。残り30秒でヒールを狙ったジョアオ、メインは尻を蹴って完璧に逃げ、攻め続けたジョアオだがタイムアップに。

オーバータイムはミヤオのバックマウントからスタート、当然RNCを狙うジョアオがやや時間を掛けてタップを奪った。続いで腕十字のポジションをメインは選択、より短い時間で極めれば勝ち抜けとなる。しかし、ジョアオが腕を抜いてエスケープ。オーバータイムで初戦をクリアした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie