この星の格闘技を追いかける

【SFL】インド発のMMA大会=スーパーファイトリーグ、アミール・カーンが共同オーナーに

Amir Khan【写真】アテネ五輪五輪銀メダリストからプロ入り、元WBA&IBF世界スーパーライト級チャンピオンがインドのMMAプロモーションに参画。どのような働きを見せるか。あるいは単なる話題作りか(C)SUPER FIGHT LEAGUE

10日(月・現地時間)、2012年3月にインド発のMMAイベントとして旗揚げしたSuper Fight Leagueより、WBA世界スーパーライト級スーパー王座に認定されるなど、ボクシング界のスーパースター=アミール・カーンが新たに経営に関わることが発表された。

SFLはインド系英国人のラジ・クンドラとインド映画界のシルベスター・スタローンの異名を取るサンジェイ・ダットが共同出資し活動を開始したプロモーション。当初はインドの大都市でイベントを行い、国際的なファイターを招聘していたが、その後はムンバイでのTV局内でTVマッチの収録を多発するフォーマットに移行していた。

そして2014年10月より、かつてStrikeforceのローカル・プロモーターを務めたブライアン・ハルキストと手を組み、ワシントン州タコマでイベントを開催するようになり、今年の2月にはドバイで「インド×パキスタン」という大会と共にUAE進出も果たしている。新CEOにビル・ドサンジのリードされる形で、アミール・カーンがSFLの経営権を保有する形で参入が決定した。

パキスタン系英国人のカーンは、そのユニークなスタイルで一世を風靡し31勝3敗のレコードと2度の世界王座奪取を成し遂げている現役のプロボクサー、28歳ながらカーン・プロモーションズの経営にも関わっている。

「僕の人生の新たな一章、冒険的な事業に加わることが許され、これまでの経験をファイトワールドのミッションに活かせることができて本当にエキサイトしている。SFLはMMA界において、急成長しており可能性に溢れている。そして2016年から、これまでにないフォーマットでMMAイベントを開催していくことになる」とカーンは語っている。

MMAではマニー・パッキャオがONEの株主になったことがあったが、多分に話題作りという面が多かった。そんななかボクシング界の奇才が運営に関わることになるSFL、その詳細については、後日正式発表されるとのことだ。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie