この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX16】フェルダーの回転系パンチ&エルボーに、バルボーサが蹴り勝つ

<ライト級/5分3R>
エジソン・バルボーサ(ブラジル/7位)
Def.3-0:29-28,29-28、29-28
ポール・フェルダー(米国)

右を空振りしたバルボーサ、フェルダーの右ローにフックを合わせようとする。バルボーサは鋭い左ミドルをガードの上から蹴り込む。ワンツーを狙ったところで、左フックを被弾したバルボーサだが、続いてミドルを2発決める。フェルダーはスピニングバックフィストを繰り出すも空振りに。続く後ろ回し蹴りを苦も無くかわしたバルボーサは引き続き左ミドルを入れるが、右目を大きく腫らしている。重い右ローを入れたバルボーサは、続いて左ローを入れ、右ボディフックを打ち込む。続く後ろ回し蹴りが急所に入り、フェルダーが大の字に。カカトが急所に入り、見るからに痛々しい一発だったが、フェルダーは立ち上がり、握手を交わして試合が再開される。

フェルダーも勢いよく左ミドルを狙うと、急所を蹴られた同じ蹴りを狙う。右ミドルから右ヒザを蹴り込んだフェルダーは、続いてスピニングバックフィストとボルボーサのプレッシャーに圧されることなく初回を戦い抜いた。

2R、スピニングバックキックをボディに放ったバルボーサ、下がらないフェルダーは右フックから左ミドルを放っていく。バルボーサの左ミドル、フェルダーのスピニングバックフィストが交錯。バルボーサの左右のフックは振りが大きくフェルダーがかわす。それでも、左ミドルハイで距離を詰めさせないバルボーサが右ローを入れる。フェルダーも左右のローを放つが、これはバルボーサがチェック。逆に右ローを蹴りこむ。

フェルダーはスピニングエルボー、もう一発狙ったところでバルボーサは後ろ回し蹴り。カカトが背中に当たる。左ボディフックを入れたバルボーサのテイクダウン狙いをスプロールしたフェルダーは右ストレートから左フック、ヒザ蹴りを入れる。バルボーサは強烈なミドルを蹴り込んだが、このラウンドも一進一退、判断は難しい攻防が続いたがフェルダーが印象点を稼いだか。

最終回、バルボーサは左ロー、フェルダーも右ローを返す。フェルダーの右アッパーにバルボーサは左ミドル。フェルダーは大きな振りの左フックからショートフック、そしてスピニングバックフィストを狙うがクリーンヒットはない。フェルダーは一瞬、サウスポーにスイッチしたがすぐにオーソに戻し、バルボーサが左フックから右ストレートに続き、後ろ回し蹴りを放つ。これは空振りになったが、ならばと左ミドルを入れていく。パンチの応酬のなかで、踏み込んでヒザ蹴りを有効利用するフェルダーは、残り30秒でテイクダウン狙いからクリンチへ。ケージに押し込むもバルボーサが離れる。クルクルと回り続けるフェルダーにロー、そしてミドルを放っていくとタイムアップに。結果、ジャッジ3者とも29-28をつけるスコアでバルボーサが判定勝ちを拾った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie