この星の格闘技を追いかける

【UFN71】ストリックランド、妥当にアラウージョに大勝

<ウェルター級/5分3R>
ショーン・ストリックランド(米国)
Def.30-26,30-27,30-27
イゴール・アラウージョ(ブラジル)

左ジャブを伸ばすストリックランド、左ミドルからミドルハイを見せるサウスポーのアラウージョ。続けてローと左側からの蹴り技が多いアラウージョは引き続き左ローを蹴り込んでいく。ストリックランドはワンツーで前に出ると、左ミドルをキャッチしてテイクダウン。パウンドを勢いよく落としていくが、アラウージョのスイープ狙いにバランスを崩し、一旦抑え込みへ。足を払ってパス狙い、そのままバックに回ったストリックランドが左右のパウンドを連続で入れる。

頭を抱えて立ち上がったアラウージョをケージに押し込んだストリックランドはエルボーを入れて離れると、左右のパンチを連続で落とす。マットに腰から崩れたアラウージョはバタフライガードで固めるも、足が開くとパウンドを受けて背中を見せてしまう。亀の態勢でパンチを落とされ続けるアラウージョは頭を下げたまま立ち上がり、左ミドルからパンチを振るって抵抗を試みる。残り30秒、ストリックランドドはヒザ蹴りから右ストレート&右アッパーを入れフィニッシュにこそ持ち込めなかったが、圧倒的なラウンドとした。

2R、ロングフックから左ミドルで前に出て、ケージにストリックランドをドライブしたアラウージョは、離れて左ローを蹴り込む。続いて左ハイから組み付くも逆にケージに押し込まれ、首相撲&ヒザをボディに受ける。アラウージョは距離を取り直すが、ワンツーを軽く被弾する。パンチを受けると真っ直ぐ下がったしまうアラウージョは、なぜか両手を広げて不満層な素振を見せる。

初回同様、ミドルをキャッチされテイクダウンを許してしまったアラウージョはクローズドガードで固める。ストリックランドはガードを割って起き上がり、足を捌きながらパンチを狙うが上手くいかない。それでもアラウージョの三角狙いを切ったストリックランドは、トップでラウンド終了を迎えた。

最終回、シングルを切り、アラウージョの姿勢が乱れている間にパンチを入れたストリックランドがテイクダウンに成功する。ポイントメイクを果たすと、ストリックランドは寝技に固執せずスタンドへ戻る。アラウージョの左フックを受けたストリックランドドは、直ちに右ストレートを打ち返す。残り2分を切り、互いに動きは落ちないが決定機を作れないまま試合は進む。大きなパンチのアラウージョに対して、コンパクトなストリックランド。ジャッジはどちらを攻勢と見るか。

初回は圧倒的に取ったストリックランドだが、ラウンド毎の裁定で終盤の2Rはどのようにスコアされるか。結果、30-26が1人いる妥当なフルマークでストリックランドが勝利した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie