この星の格闘技を追いかける

【AXS TV Superfight】RFAバンタム級戦は王者サンダースが勝利し、キャリア10連勝達成

<RFAバンタム級選手権試合/5分5R>
ルーク・サンダース(米国)
Def.3-0:50-45.50-45.49-46
テリオン・ウェア(米国)

9勝0敗の王者サンダース。対するウェアは極真出身のファイターだ。右を伸ばすウェアに対し、サンダースは踏み込んでワンツーを見せる。サウスポーのサンダースは左右のローから左ハイ、ショートのフックから右ストレートを伸ばす。ウェアは右ローを走らせるも、サンダースは構わず前進を続け、パンチから左ミドルを入れる。下がったところにまたも左ミドルを受けたウェアが組みつく。体を入れ替え、再び左ミドルからパンチのラッシュを見せたサンダースは、またも左ミドルを入れてダウンを奪う。亀の態勢のウェアのワキ腹にヒザを入れるサンダース。ウェアも踏ん張り、立ち上がって左を伸ばす。

サンダースはワンツーを入れ、首相撲からヒザ蹴り。ウェアは右を返し、右前蹴りを伸ばす。サンダースのローに右を合わせたウェアだったが、直後に組まれて豪快なテイクダウンを許す。ウェアはすぐに立ち上がって、右ミドルを返すなど攻め込まれながらも、気持ちが切れることなく手を出し続けた。

2R、ワンツーで前に出て左ミドルを決めたサンダース。ウェアは右フックを狙うも空振りし、サンダースの右エルボーを被弾する。左フックから飛びヒザ、左ストレートに左ミドルと攻撃を続けるサンダースが、左ストレートをもう一発入れて距離を取り直す。ウェアは右ミドルを返すが、左フックを受けてケージ際まで後退。サンダースは組みついてウェアをケージに押し込む。

ケージ中央に戻るとサンダースは右フックから左ミドル、左腕を差して金網に押し込み右エルボーを入れて離れる。残り90秒、一方的に攻め続けるサンダースは攻撃をまとめると間合いを取り直し、勝負を急がない。その後も左ストレートを入れ、ウェアを下がらせヒザを突き上げるなど、一方的な試合展開となった。

3R、左フックを被弾したサンダースだが、直後に距離を詰めて右フックをウェアの顔面に打ち込む。ここで組に行ったサンダース。テイクダウンは奪えず、距離を取り直す左フックに続き、右ヒザを入れる。ウェアは距離ができるとローから前蹴りを繰り出すも、サンダースの前進を止めることはできない。エルボーからヒザ、左ストレートから左エルボーを打ちこむサンダースは、左ストレートを連続で決める。エルボーの連打にもパンチを返したウェアだが、ガードがなく左フックを打たれる。サンダースは左エルボー、組んでヒザ蹴りと攻撃を続け、左ミドルを入れる。これだけ攻撃を受けても倒れないウェアのタフネスぶりには驚くほかないが、このラウンドもサンダースがウェアを圧倒した。

4R、サンダースのショートフックにエルボーを2発入れたウェア。直後にサンダースがテイクダウンに成功し、バックコントロールの態勢に。グラウンドに拘ることなく、離れてスタンドに戻ったサンダースが引き続き攻勢を握ったまま試合が進む。ウェアは連打を受けてケージに下がる場面が続き、左ストレートから左ミドル、続いて左エルボーを被弾する。サンダースはここでシングルレッグにいくが、テイクダウンにつなげることはできずエルボーを打って離れるという、何度も見た展開に。左目を大きく腫らしたウェアは、左右のパンチを振って前に出たが、ここも左右のフックの威力の前に後退を余儀なくされる。最後はケージ中央でパンチを交換したところで4Rが終わった。

最終回、ウェアの右ストレートがヒット。さらに頭を振って左を繰り出すなど、ウェアは勝負を諦めていない。対してサンダースは左ハイでバランスを崩して尻餅をつく。すぐに立ち上がったサンダースは、足を使うファイトに転じる。ウェアは右ボディフックを入れるが、序盤の勢いがいつまで続くか。2分を過ぎても、手数をキープしていたウェアだが、左フックを受けて動きが止まる。サンダースは攻撃こそまとめるが、ウェアがパンチを出すと離れる。

ケージに押し込んで時間が過ぎるのを待つサンダースに対し、レフェリーがブレイクを命じる。ケージ中央で試合が再開すると、パンチの打ち合いのなかでウェアが打ち勝つ。足を使って距離を取るようになったサンダースを追いかけるウェアは、そのまま王者を掴めることはできず、タイムアップに。最終回以外は攻め続けたサンダースが3-0の判定勝ちで王座防衛に成功した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie