この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX06】ランペイジ、意地見せるもテイシェイラに完敗

<ライトヘビー級/5分3R>
グローバー・テイシェイラ(ブラジル)
Def.3-0:30-27, 30-27,29-28
クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン(米国)

左を伸ばし、距離を計るテイシェイラ。テイクダウンを取ったテイシェイラが、マウントから肩固めへ。試合がスタンドに戻ると、ランペイジが左フックを思い切り振るう。右から左フックで距離を詰めたテイシェイラが、右フックでダウンを奪う。ランペイジは立ち上がってワンツーを見せ、左を振るったところで1Rが終了。テイシェイラが圧倒しながら、ランペイジの一発を警戒しながら戦っているように映った。

2R、シングルレッグからダブルレッグに切り替えたテイシェイラがテイクダウンを奪う。潜るランペイジだがパウンドを受け、背中が伸びる。ランペイジが足をつかみにいくと、テイシェイラが立ち上がる。パンチを打ちこむランペイジ、テイシェイラは左フックを振るう。口を開けて肩で息をするランペイジにアッパーをヒットさせたテイシェイラ。ランペイジのダブルレッグを切って、左ミドルを入れる。

3R、足を止めた状態で打ち合いながら、どこか距離が合わないテイシェイラ。粘りを見せるランペイジ。と、シングルレッグでテイシェイラはテイクダウンを奪うが、ランペイジが立ち上がる。組みにいくランペイジ、テイシェイラが受け止めてヒザを突き上げる。残り45秒、ボディフックから右フック、ダブルレッグを決めたテイシェイラがマウントへ。テイシェイラが左ヒジを落し、パンチを続けた試合終了のホーンを聞いた。結果はジャッジ一人が29-28をつけたが、残り二人は30-27でテイシェイラが判定勝ち。ランペイジは試合をフィニッシュさせないという部分で、意地を見せた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie