この星の格闘技を追いかける

【WPJJC 2015】75キロ級準決勝でサトシ、パスは許さずもレプリに下る

4月22日(水・現地時間)から25日(土・同)にかけて、アラブ首長国連邦アブダビのザイード・スポーツシティ内のIPICアリーナにて、アブダビ・ワールド・プロフェッショナル柔術チャンピオンシップ2015が開催された。

WPJJC2015レビュー第2回は75キロ級の模様をお届けしたい。

<75キロ以下級順決勝/6分1R>
ルーカス・レプリ(アリアンシ)
Def. 2-0
ホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ)

今大会3連覇を狙うサトシは、準決勝で最大の関門のルーカス・レプリと対戦。両者は去年の世界柔術の準決勝で当たり、サトシがガードに戻すたびにニースライドパスを決めて大量得点を奪ったレプリが勝利している。無限ループを崩せずに思わぬ大敗を喫したサトシ、そのまま決勝でも圧倒的なパスガード力で世界柔術を制覇したレプリに対し、今回はどのような対策を講じて来たかも注目の一戦となった。

試合開始後組み合うと、サトシは跳び付き三角一閃。それを冷静に対処したレプリは、サトシの右足を担ぎつつ、左足には自らの右膝を当て押し下げるスタイルでパス狙い。体を丸められたサトシだが、レプリの右足を手ですくうなどの抵抗を見せた後、後転してスタンドに戻ることに成功。ポイントは許さなかった。

スタンドでお互いの道着を掴んだ両者は、激しい立ちの攻防を展開。レプリがサトシの道着を引き落としてからのタックルを狙えば、サトシも逆にタックルを仕掛けるが両者ともに相手を崩し切れず。残り時間が少なくなって来た時、サトシの引き込みに合わせるようにレプリは素早く膝をつくと、そのまま前に倒れ込むように上になってテイクダウンの2点を獲得する。 痛恨の先制点を奪われてしまったサトシは、懸命にハーフから潜っての仕掛けを作ろうとするが、レプリは腰を落として低く体勢をキープ。そのまま時間切れ。サトシはレプリに無念の2連敗となった。

サトシは去年猛威を振るったレプリのパスを許さなかったことで、世界柔術からの進歩を見せたともいえる。ただs、レプリの強烈なプレッシャーを受け、下から目立った攻撃の姿勢を作れなかったことも否めない。そして今回、お互い死力を尽くす前に終わってしまった感もある。世界柔術の10分間という枠の中で、両者の再戦をまた見てみたいものだ。

<75キロ以下級3位決定戦/6分1R>
ホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ)
Def. 2-0
マリオ・ヘイス(アリアンシ)

準決勝で敗れたサトシは、3位決定戦で大ベテランのマリオ・ヘイスと激突。2003年のフェザー級統一世界王者との、階級を超えた夢の対決が実現した。引き込んだヘイスは、サトシの襟を掴むと強烈に引きつけるが、サトシは立った状態でそれに耐えながら対処してゆく。やがて噛みつきを仕掛けたサトシは、そのまま右に回ってのパスを仕掛けてアドバンテージを獲得した。

その後ヘイスが立って試合がスタンドに戻ると、サトシは見事なタイミングのダブルレッグを仕掛け2点獲得。さらに片足を足を超えてハーフガードを作り、胸を合わせてアドバンテージを追加してみせた。残り時間が少なくなって来たとき、ガードに戻したヘイスがオモプラッタを仕掛ける。そのままサトシの右腕を伸ばし、あわやという場面となったがここでタイムアップ。若さと体格で上回るサトシが力を示す形となったが、最後に強烈無比な極めを仕掛けたヘイスもまた、古豪の意地を見せてくれた。

<75キロ以下級決勝/6分1R>
ルーカス・レプリ(アリアンシ)
Def. ギチョーク
ガブリエル・ロウロ(チェッキマット)

準決勝で最難関のサトシを突破した去年の世界王者レプリが、決勝でも力を発揮。引き込んだロウロに対し、中央に右膝を持って来る得意の形を作ると、そこから右に回ったあっさりパスに成功。ロウロも懸命に戻すが、レプリは再び右膝を起点に盤石の体勢を作り、ロウロの下からの煽りにもまったく動じずプレッシャーをかけてゆく。やがてレプリはまた右方向にプレッシャーをかけて、嫌がったロウロのバックを奪うとそのまま襟を掴んでチョーク。去年の世界柔術ライト級に続き、圧倒的な強さを見せて優勝を果たした。

昨年7年ぶりに世界王者に返り咲いて以来、凄まじい充実ぶりを見せているレプリ。当然今年の世界柔術でも優勝候補の大本命といえるだろう。上になった時の安定感とプレッシャーの強さはまさに圧巻。昨年猛威を振るったニースライドパス、そしてこの日の決勝で見せた右へのパスを、サトシ等の対抗勢力が果たして打ち破ることができるのか。大いに注目したい。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie