この星の格闘技を追いかける

【WPJJC 2015】65キロでミヤオが初戦敗退の波乱、優勝は一皮むけたグリッポ

4月22日(水・現地時間)から25日(土・同)にかけて、アラブ首長国連邦アブダビのザイード・スポーツシティ内のIPICアリーナにて、アブダビ・ワールド・プロフェッショナル柔術チャンピオンシップ2015が開催された。

入賞者には多額の賞金が出されるとあって世界の強豪が集まるこの大会は、アダルト黒帯の部でも試合時間が6分と短く、10分の世界柔術とはまた違った攻防が見られることとなる。また体重の分け方も独特であるため、普段は見られない夢の組み合わせも多く実現した。そんなWPJJC2015、レビュー第1回の65キロ級の模様をレポートしたい。

<65キロ以下級2回戦/6分1R>
ジルソン・ヌネス (エヴォルーションファイトチーム)
Def. アドバンテージ2-0
ジョアオ・ミヤオ (シセロ・コスタ)

大本命のミヤオの注目の初戦。両者試合開始早々に引き込み、ダブルガードの体勢に。ミヤオがときにベリンボロを狙って回転するが、ヌネスがそのたびに対応してダブルガードに戻す攻防が続く。やがて残り時間が少なくなったところで、アドバンテージを狙って上になろうとするミヤオ。ここでヌネスは負けじと低い体勢からタックルへ。見事に上になって逆にアドバンテージを得る。 

まさのリードを許す展開に陥ってしまったミヤオは、下になりながらも取ったギロチンからスイープを仕掛ける。高く舞ったヌネスだが、膝から着地して上をキープ。後がないミヤオは横転してトルネードガードからのスイープへ。またもや体が浮いたヌネスだが、ここもバランスをキープし切って時間切れ。なんと優勝候補筆頭のミヤオが初戦敗退という大波乱が起きた。

試合の大半を防御に徹した上で、勝負所でスクランブル&レスリング力を発揮してまんまと勝利を持っていった、という感の強いヌネスの勝利。ミヤオとしては、やや省エネ気味に勝とうとしたところで思わぬ先制点を奪われ、慌ててエンジン全開にしたものの、遅きに失したというところだろうか。これもまた、6分間という試合時間が生む勝敗の妙なのだろう。またミヤオにとっては、自分と同等の柔術技術こそないものの、ベリンボロを防ぐ技量とスクランブルで上を取れるレスリング力を持ち合わせた選手をどう攻略するか、という新たな課題が見えた試合でもあった。

<65キロ以下級決勝/6分1R>
ジャンニ・グリッポ(アリアンシ)
Def.
イサッキ・パイヴァ(サイコー)

決勝は、パンフェザー級を制した米国若手のグリッポと、ミヤオに勝ったヌネスを準決勝で倒したパイヴァの対戦に。軽量級らしく両者引き込んでのダブルガードから試合がスタートしたが、やがてグリッポが上を選択し、パイヴァはクローズドガードに。やがてガードを開き50/50ガードのように足を絡ませるパイヴァだが、グリッポはレッグドラックのような姿勢で低く体重をかけてゆく。足が絡んだままパイヴァの首の後ろを掴んでその上半身を固定したグリッポは、肩固めを仕掛けるように脇に頭を入れてプレッシャーをかける。その後もグリッポがパイヴァの上半身に低く体重をかけたまま固め続けて、勝利を得た。

モダン柔術家としてダブルガードからの仕掛けの印象の強いグリッポが、今回は上から固める強さを見せての勝利。動きが少なく、見るものを喜ばせるような試合は今回もできなかったグリッポだが、技術の幅が広がっていることが分かる試合だった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie