この星の格闘技を追いかける

【Bellator】アスクレン、パウンド&エルボーで防衛成功

<ウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者]ベン・アスクレン(米国)
Def.3R終了時by TKO
[挑戦者]カール・アモゾー(フランス)

ショートのワンツー、右ストレートを伸ばすアモゾー。2度ほどテイクダウン狙いを防いだアモゾーだが、続くダブルレッグダイブであっさりと背中をキャンバスにつける。パウンド&エルボーで左目じりをカットされたアモゾー、果敢にリバーサルや腕十字を仕掛けるもアスクレンの鉄壁のトップキープを崩せなかった。

2R、額もカットしているアモゾーはヒザを突き上げ、スタンドでバランスを崩したアスクレンが、背中をついてガードを強いられる。ハイガードを見せたアスクレンに対し、アモゾーがヒールフック。体を二回転し、足を引抜いたアスクレンがトップを取り、インサイドガードから右エルボー、左鉄槌を連打する。下からパンチを伸ばすアモゾーだが、クローズドを取り続け、同様にパウンドを被弾し続ける。

立ち上がってクローズドを割ったアスクレンは、マウント狙いへ。腰を押して、ヒップエスケープで粘るアモゾーの顔面にパウンドを連続する。ケージに頭がつまり、顔面にパンチを受け続けるアモゾーは、そのままラウンド終了まで殴られ続けた。

3R、速攻でダブルレッグダイブを仕掛けたアスクレン。一度は切ったアモゾーだが、2度目は足の後ろでクラッチされ、成す術なくテイクダウンを奪われる。ハーフからエルボーを受け、流血が激しくなったアモゾーに対し、アスクレンは傷口の周囲にパンチを集中させる。左目を大きく腫らし反撃の糸口がつかめない挑戦者だが、レフェリーは試合を止めない。

残り45秒でパスを決めたアスクレンが、フルマウントへ。アスクレンがパウンドを連打しながら3R終了の時を迎えた。と、インターバル中にドクターがアモゾーの試合続行不可能と判断し、アスクレンが3度目の王座と防衛、「僕の拳はウェルター級の誰よりもパワーがある」と語り、シーズン7トーナメント優勝のアレクサンダー・コレシュコフ戦に向け大見得を切った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie