この星の格闘技を追いかける

【UFC186】ランペイジ、オクタゴン復帰戦で『マビオマボ』に判定勝ち

<215ポンド契約/5分3R>
ランペイジ・ジャクソン(米国)
Def.3-0:30-27,30-27,29-28
ファビオ・マルドナド(ブラジル/12位)

足の爪が伸びているということで、オクタゴンに入る前にマルドナドの爪が切られるという珍シーンが見られた──ランペイジのオクタゴン復帰戦。ランペイジは左ジャブを伸ばして、距離を詰める。そこから一定の距離を取るランペイジに、マルドナドがワンツーを放つ。右ローを入れたランペイジは右ボディフックから組んで、肩パンチを繰り出す。離れたランペイジが左フック、さらにヒザをボディに突き上げる。マルドナドは左を振るって前に出るが、ランペイジが細かいパンチをまとめる。

ボディを繰り返すマルドナド。ワンツーで前に出るランペイジは、右フックから左フック、さらに右アッパーから、ヒザ蹴りをボディに突き刺す。ランペイジをケージに押し込んだマルドナドは、ボディに細かいパンチをまとめる。残り30秒、マルドナドは左フックを顔面に入れたが、初回はランペイジのラウンドとなった。

2R、細かいアッパーを連続で放つランペイジ。マルドナドはケージにランペイジを押し込むとショートのボディを連打する。離れたランペイジの左フックは空振りに。今大会の出場を巡って問題があったランペイジのスタミナ切れを誘う作戦か、マルドナドはボディを多用する。クリンチでもボディばかり拳を入れるマルドナドだが、ランペイジもボディフックの連打、左ミドルを蹴り込んでいく。マルドナドは左ボディから、左ストレート。ケージに押し込んでまたもボディを狙う。左ボディを受けて苦しそうな表情を見せたランペイジだが、顔面を狙われるとしっかりと左フックを返していく。残り1分、左ボディストレートを効かされたランペイジは、右アッパーを放つ。アッパーから左右のフックを入れたランペイジは残り10秒でテイクダウンを奪われた。

3R、ローから左ストレートを入れたランペイジ。マルドナドも右を返し、ボディを続ける。ランペイジは右ローを織り交ぜ、マルドナドのパンチを避けて攻勢に出る。意を介したように中盤でラッシュを掛けるランペイジ。対して、マルドナドはボディを続けるのみ。と、マルドナドが左フックを打ち込み距離を詰める。ランペイジは蹴り足をキャッチされても引き抜き、右エルボー繰り出す。下がりながらも左右のフックを見せるランペイジ、距離を詰めるだけで次がないマルドナド。タイムアップとともに観客はブーイングを送った勝負はランペイジが判定勝ちを収めた。

「I’m Back。この惑星でベストのファンがいるモントリオールで戦いたかった。UFCを離れたのは、自分の間違い。UFCは最高の団体だ。俺を信じてくれ。マビオマボ(※ママ)、ヤツはボクサー。俺はKOを狙ったんだ」とカメラ目線でランペイジは語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie