この星の格闘技を追いかける

【Bellator】圧巻、ホーンを相手にせずチャンドラー防衛成功

<Bellator世界ライト級選手権試合/5分5R>
マイケル・チャンドラー(米国)
Def.2R3分07秒by リアネイキドチョーク
リック・ホーン(米国)

左ジャブを小刻みに伸ばすチャンドラー、ステップバックからカウンター狙いの気配がプンプンするホーン。そのホーンが右を伸ばすが、距離が遠すぎる。距離を詰めるのはチャンピオン。左拳を小さく回し、右アッパーを放ったチャンドラーは、最初のシングルレッグダイブで柔道オリンピアンからテイクダウンを奪う。インサイドガードから右エルボーをチャンドラーが落すと、ホーンは頭を引き寄せにいくも再びエルボーを受ける。

右パウンドからボディに連打、さらにチャンドラーは顔面にパンチを見舞っていく。ハーフのホーンだが、しっかりと背中をつけさせられてしまい、攻撃を仕掛けることはできない。ホーンは背中を預けながら立ち上がろうとするも、バックを取ったチャンドラーが腿に強烈なヒザを入れる。胸を合せたホーンは、小手投げを踏ん張ったチャンドラーに右アッパーをヒットする。初回はテイクダウン分、王者が取ったラウンドとなった。

2R、右ストレートを振るい前に出るホーンは、距離があわず前のめりに。すかさず左ジャブから右ボディフックを狙ったチャンドラーが、組みついてボディロックからスラムするようにテイクダウン。インサイドから左エルボーを連打した王者は、ホーンがエビを使っても常に追いかけて胸を合せ立たせない。

チャンドラーは細かいエルボーを効果的に使い、ホーンを削っていく。再びバックを見せて立ち上がったホーンに対し、チャンドラーはハーフバックからネルソン、後方に崩してバックマウントへ。そのままリアネイキドチョークの態勢に入ったチャンドラーは、ホーンが上体を起こすと、後方に倒れるように腹這いになり直後にタップを奪った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie