この星の格闘技を追いかける

【UFC FX06】チームUK対決を制したパークが豪州版TUFで優勝

2012.12.15

<TUF Smashes ライト級決勝/5分3R>
ノーマン・パーク(北アイルランド)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
コリン・フレッチャー(英国)

クリンチからヒザを狙う長身のフレッチャーを、パークがケージに押し込みテイクダウン。すぐに立ち上がったフレッチャーだが、外掛けで再び倒される。強引にギロチンを狙うフレッチャーのワキを差したパークが、背中をマットにつけさせる。ハーフからキムラ・アームロックとギロチンを交互に狙うフレッチャーに、思い切り左のパウンドをパークが落す。

喉を押され、エルボーを受けたフレッチャーの体が伸びると、パークが思い切り拳を落す。ハーフからエルボーを入れるパークがバスに成功する。上四方で抑えるパークはフレッチャーの右腕を殺してギロチンを狙うも、フレッチャーがトップを奪い返す。最後はサイドから鉄槌とパンチをフレッチャーが落す展開で初回が終わった。

2R、パークのテイクダウン狙いを潰してヒザを狙うフレッチャーだが、ケージに押し込まれテイクダウンを許す。腕狙いから、ヒザ十字に切り替えたフレッチャー、パークはこれを凌ぎでサイドへ。強引に下から首を抱えようとするフレッチャーが正対すると、パークはギロチンへ。そのままトップからマウントを奪取したパークがエルボーを落す。背中を見せたフレッチャーに対し、パークはリアネイキドチョーク狙いへ。体をロールしてエスケープに成功したフレッチャーが立ち上がる。

右ミドルを放ったフレッチャーが、前蹴りでヒザを狙う。蹴りで間合いを取るフレッチャーに対し、パークは右ミドルからワンツーをヒットさせる。後ろ回し蹴りかスピニングバックフィスト狙いか、くるくると回るフレッチャーだが、如何せんスピードが無い。最後はフレッチャーからパークがテイクダウンを決めて2Rを取った。

最終回、ショートフックの連打を見せたパークは遠い距離から蹴りや右ストレートを伸ばすも、接近戦ではパークに後れを取る。バックフィスト、ヒザ蹴りでテイクダウンを避けようとするフレッチャーは左から右のフックを受ける。さらに左を続けるパークは、蹴りを受けると「来い、来い」と挑発する。

左ボディフックを決めたフレッチャー、打撃の回転数が上がる。パンチからローにつなげるなど、フレッチャーが間合いを支配し始める。パークはやや動きが落ち、パンチも振り回すようなモノが多くなる。しかし、残り40秒でテイクダウンを奪ったパークがサイドからバックへ。ここでは無理せず、ケージに押し込んでパンチを振るったところでタイムアップに。

本家やブラジル版と比較すると、ややクオリティの低さは否めなかったSmashesファイナルは、パークが判定で勝利して6ケタの契約を手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY