この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX05】王者ベン・ヘンがネイトを圧倒、2度目の防衛成功

<UFC世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者]ベンソン・ヘンダーソン(米国)
Def.3-0:50-45, 50-43, 50-45
[挑戦者]ネイト・ディアズ(米国)

タッチグローブを行わなかった両者、まずはベン・ヘンが左ローを繰り出す。続く左ローを空振りにした王者に組みついたネイトは、ボディにヒザを突き上げる。ケージにベン・ヘンを押し込むネイトだが、体を入れ替えられると、小手を巻いてから内股を狙う仕種を見せる。

胸を合せる王者、両差しとなり腰をコントロールするも、ヒザをつかせるところまででテイクダウンは奪えない。右を差し返したネイトがヒザをボディに放ち、離れ際に右エルボーを見せる。距離を取ったネイトからテイクダウンを奪ったベン・ヘンは右のパウンドをボディに落し、鉄槌とパウンドからバックへ。立ち上がったネイトはケージを背にして胸を合わすと、右ボディフックからここも距離を取る。

と、続く左ローでバランスを崩したネイトは、バックを許すも立ち上がって右ジャブを伸ばす。接近戦でヒザを見せた王者、ネイトの右ジャブは届かず逆にワンツーを顔面に受ける。直後に組み付いた挑戦者はバックに回るも、胸を合わしたところでケージで押し込まれ、初回が終了。顔を近づけて睨み合う両者をレフェリーが分けた。

2R、組みついてケージ際でテイクダウンを奪ったベン・ヘンが勢いのあるパウンドを落し、ネイトの立ち上がり際で右ハイを打ち込む。直後に再び組みついて腰をコントロールする王者に対し、ネイトが胸を合せる。ベン・ヘンはエルボーを打ち、再びケージに押し込むとネイトもヒザをボディに返してくる。

と、ベン・ヘンは左エルボーを入れて距離を取ると、ネイトの右ジャブは左回りのサークリングで距離を外し、右ボディストレートのような要領で足に拳を入れる。3発目の足へのパンチに対し、組みつこうとして姿勢を崩したネイトは、さらに足にパンチを受けて意識を下に集中されると、左ストレートで顔面を打ち抜かれダウンを喫する。

パウンドを受け、バックを許しながら立ち上がったチャレンジャーだが、ベン・ヘンはダブルアンダーフックから肩パンチ、ネイトの投げを潰してパンチから再び組みつく。払い腰でベン・ヘンを投げたネイト、すぐに距離を取った王者は再びボディからローでチャレンジャーのバランスを崩す。

右から左を伸ばしたネイトは、何やら悪態をつくが完全にこのラウンドを失った。3R、ここでもボディからサイドキック、右ストレートを打ち込むベン・ヘンは、ネイトが右ジャブで飛び込むとダブルレッグでテイクダウンを奪う。足関節狙いのネイトにパウンドを入れるベン・ヘン、スタンドに戻ると再びシングルレッグでテイクダウンに成功する。

立ち上がって蹴り上げを注意しながら、パウンドを落して足を払うとサイドにつこうとしたベン・ヘンだが、ネイトはヒザ十字からアンクルロックへ、足関節の掛けあいというスクランブルから、バックを制したベン・ヘンはバックからサイドへ。

再びヒールフックからバックを伺うネイト、足を開脚して体を起こした王者はボディを受けながら立ち上がる。と、直後に右フックを打ち込みダウンを奪う。サイドに回ったベン・ヘン、ヒザ十字を捌きながらパンチを狙うと、ネイトはヒールから蹴り上げ、シングルを狙うも察知され、パウンドを受ける。足関節系ガードを取るネイトに、ベン・ヘンはボディに踵落としのようなストンピングを落し、3Rも自らのラウンドとした。

4R、左ワキを差してヒザ蹴りから組みつきテイクダウンを奪った王者。バックからヒザをボディに入れ、立ち上がっても腰をコントロールして再びテイクダウンし、背中を預けるネイトに後方からパウンドを見舞う。キムラ狙いのネイト、そのまま投げを狙ったが、ベン・ヘンはトップをキープし、立ち上がったところでボディロックからネイトを倒す。

ついに背中を預けるのではなく、背中を伸ばしたガードポジションになった挑戦者は、ハーフからパウンドを受けてディフェンスのためのアームロックへ。バックに回って鉄槌を落すベン・ヘンは、腕を引抜き思い切りエルボーを落す。劣勢が続くネイト、アキレス腱固めからのスクランブルも潰され、顔面にパウンドを落される。立ち上がった王者、ネイトは蹴り上げを見せるだけで、ラウンド終了間際に立ち上がるもローを受けたところでラウンドが終了した。

最終回、組みついてケージにネイトを押し込んだベン・ヘンは、頭を胸につけた状態でパンチを放つ。エルボーは空振りしたが、すぐに左から右ワキを差してボディロックの状態になると、左ワキをくぐりバックへ。大きくネイトを持ち上げてスラムのようにテイクダウンを奪う。ベン・ヘンは腰を上げた状態でエルボーを落し、足を払ってパスへ。背中を見せたネイトにヒザを蹴り込み、立ち上がってもボディロックから再びバックを取る。

ネイトはキムラアームロックを仕掛けるも、潰されパンチを頭部に入れられる。立ち上がったネイトは投げを見せるも、トップを許しパンチを受け続ける。立ち上がり際に、後方からハイキックを蹴り込まれるなど、攻められ続けるネイト。右目の下を大きく腫らしたチャレンジャーは、残り15秒で打撃の間合いになるも何もできないままタイムアップを迎えると、自ら握手を求めて挑戦者を称えるしかなかった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY