この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX05】二エムが打ち合いにテイクダウンを織り交ぜて判定勝利

2012.12.09

<ライト級/5分3R>
ラムジー・ニエム(米国)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
ジョー・プロクター(米国)

いきなり両者のパンチが交錯し、ニエムが距離を詰めてドライブする。ギロチンで応えたプロクター、ケージを背にして力を込める。ケージ中央に下がったニエムにヒザ蹴りを繰り出したプロクターは、再びケージに押し込まれると首を離す。

直後に激しいパンチの応酬となり、ニエムは首相撲からヒザを連発する。距離ができた両者、ニエムがふわりという風に前蹴りを繰り出すと、見事にプロクターの顔面を捉える。二エムは尻餅をついたプロクターのバックを制し、パンチを見せる。

胸を合せケージを背にして立ち上がったプロクターは、ニエムのテイクダウン狙いにギロチンを仕掛けるも、これは極まらない。両者が立ち上がり、再び激しいパンチの交換が見られ、今度はプロクターがワンツーでダウンを奪う。テイクダウン狙いで息を整えようとしたニエム、プロクターはがぶりながら初回終了を迎えた。

2R、右を伸ばしたプロクターは首相撲からヒザ蹴りへ。ニエムも左から右を見せるも、やや押され気味か。ニエムの左アッパーに、右クロスを合せようとしたプロクター。ニエムも距離を詰められても、ショートのクロスを狙う。右ストレート、踏み込んで左ストレートをヒットさせたニエムは、やや距離を取って戦うように。

至近距離で連打を見せるプロクターにニエムが組みつきテイクダウンへ。そのままトップからパンチを落とす。クローズドガードを取ったプロクターだが、立ち上がってパウンドを狙ったニエムをスイープし、ネッククランクからマウントを狙う。

二エムはヒザをついて、シングルレッグへ。尻餅をつかせプロクターのギロチン狙いを封じ、パウンドを落したところで2Rも終了した。最終回は打撃で押すニエムが、シングルレッグに出るが、ガードを取ったプロクターがキムラを仕掛ける。

ニエムは左手を引き抜き、プロクターの潜りを潰す。ケージにプロクターを押し込んで、起き上がり際にバックに回ったニエム。左のパンチを連続し、離れようとしたプロクターの動きについていくと、ダブルレッグでテイクダウンに成功する。パウンドからがぶり、テイクダウンを仕掛けたニエムだが、バックに回ったプロクターは前方に落ちながら腕十字へ。

ここを切り抜けたニエムが、再びプロクターをケージに押し込み、細かいパンチを落す。シングルでしがみつくニエム、残り時間が30秒となり立ち上がると、両者は再びケージ際で打ち合いに。ヒザをニエムが入れるも、プロクターのパンチを被弾し距離を取り直す。そのまま試合はムアップを迎え、ニエムが判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY