この星の格闘技を追いかける

【UFN61】2Rにダウンを奪い、3Rのスクランブル制したシウバが判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
ドゥグラス・シウバ・ジ・アンドレージ(ブラジル)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
コディ・ギブソン(米国)

ローを入れたシウバに対し、蹴って来いとばかり自らの太腿を叩くギブソン。右オーバーハンドを見せるシウバだが、リーチの差は明らかだ。パンチの応酬のなかでシングルレッグに出たギブソン、これを切ったシウバの右アッパーが空を切る。スイッチからオーソに戻したギブソンはパンチを伸ばして、テイクダウンの機会を窺う。機敏に察知したシウバが離れローを入れる。ギブソンのジャブをかわすしシウバが右アッパーをボディに。互いにステップワークを駆使して、単発のパンチを踏み込みながら放つ展開が続く。ギブソンは左ミドルからダブルレッグに出るも、シウバは巧妙にスプロール。残り30秒でケージにギブソンを押し込んだシウバ、態勢を入れ替えながら両者ともテイクダウンを奪えず、初回が終わった。

2R、左ミドルを入れるギブソン。右ストレートを入れたギブソンが、前に出るところで逆にシウバの右オーバーハンドを被弾して後方にダウンを喫する。起き上がって組みにいったギブソンをギロチンで捉えたシウバが、頭を抜かれながらもトップを奪取。スタンドに戻った両者、シウバの左フックでギブソンの動きが止まる。手数が減ったギブソンだが右アッパー後の左フックをヒットさせる。ワンツーで応えるシウバが明確にラウンドを取った。

最終回、距離を詰めたいギブソン。2Rはテイクダウンに出ることもなかったが、絶対に取らなければならないラウンドでいかに戦うのか。ダブルレッグを狙うも切られたギブソンは、続いてシングルへ。足をすくってトップを取ろうとしたシウバ、ギブソンもバックに入り掛けるが、シウバが前転してついには上を取る。スクランブルを制したシウバは寝技には拘らず、試合はスタンドへ戻る。

前に出てくるギブソンに対し、シウバは疲れたか、体を揺らしながらステッピングを続ける。プレッシャーを強めて前に出るギブソンが、右から左フックを打ち込む。右ミドルをキャッチしきれないシウバ。ジャブで距離を取ろうとするも、ヒザ蹴りを受けそうになり、直後に左フックを顔面に被弾する。ここでタイムアップとなり、3-0でシウバの勝利となった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY