この星の格闘技を追いかける

【UFC154】カルバーリョがダムとの打撃戦にスプリット判定で勝利

2012.11.18

<フェザー級/5分3R>
アントニオ・カルバーリョ(カナダ)
Def.2-1:29-28、28-29、29-28
ホドリゴ・ダム(ブラジル)

距離をキープして左ローを繰り出したカルバーリョ。ダムが距離を詰めると、バックステップでかわしたカルバーリョ、続く前進にはショートフックを合せていく。カルバーリョの左ハイに、ダムは右のロング、さらにローと続ける。

ダムの右ローを受け、一瞬動きが止ったカルバーリョが左ハイを見せる。左ジャブをダブルで放つダムだが、なかなか距離を狭まらない。カルバーリョの蹴りに、左を合せるダム。カルバーリョの体が反り、パンチを被弾するシーンがやや増えてきた。

2R、ローを蹴る際、ガードがやや下がるカルバーリョ。ダムはローをカットせずに受けて踏み込んでいく。手数が減ったダムだが、カルバーリョが左ハイでバランスを崩すと、ガードを取る相手に飛び乗ってバックを伺う。前転してすぐに立ち上がったカルバーリョ、試合は再び打撃の攻防へ。

折り返し地点を過ぎ、左右のフックを振りながら前に出るダムに対し、蹴りで突き放そうとするカルバーリョだが、懐に入られることが多くなる。残り10秒で接近戦で右を打ち込んだカルバーリョだが、印象点は良くないか。

最終回、2Rはあまり見せなかったローを繰り出したダム。カルバーリョは左から蹴りを続ける。ダムは一瞬、サウスポーに構えるも。すぐにオーソに戻す。両者、打開策がなかなか見いだせないようだ。左ジャブ連続するダムに左ハイを放つカルバーリョだが、当たりは浅い。と、カルバーリョがマウスピースを落し、試合は一時中断する。再開後、右を打ち込んだダム。ロングレンジの右からローの売り合いになり、今度はカルバーリョの右フックがダムの顔面をかすめる。

ダムの左ジャブ、右ボディストレートに対し、カルバーリョは右のオーバーフックからローへ。ダムの左腿の内側は真っ赤になっている。ローはカルバーリョ、一発のパンチはダムという展開が続き、試合は残り30秒を切る。ダムの右ローをカットしたカルバーリョ、右フックは空振りになり、左ハイ、右ハイ、飛びヒザと見せたところでタイムアップに。

最後まで距離、間合いの取り合いが続いた攻防の末、カルバーリョがスプリットで接戦をモノにした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie