この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX14】135秒、ジョンソンがグスタフソンにTKO勝ち

<ライトヘビー級/5分5R>
アンソニー・ジョンソン(米国/3位)
Def.1R2分15秒by TKO
アレクサンダー・グスタフソン(スウェーデン/1位)

オクタゴン中央でしっかりと握手を交わした両者、現地時間零時3時45分に試合はスタート。まずは右ローを入れたグスタフソン、続いて左ローを入れ左右に回る。ジョンソンは右ローから右ストレート、さらに左フックから荒い打撃戦へ。間合いを取り直したグスタフソンにジョンソンは左ハイ。グスタフソンは左ローを入れて、左ジャブを伸ばす。と、続く攻防でジョンソンが目に指が入ったとアピール。試合が一時中断する。

再開後、グスタフソンの前蹴りにジョンソンが右を入れる。一旦、両ヒザと両手をマットについたグスタフソンだがすぐに起き上がる。ふらつくグスタフソンにジョンソンは、パンチからハイを入れる。グスタフソンも右ストレートを返すが、左ハイから連打を受けてよろめくようにグラウンドへ。亀の状態になったグスタフソンに対し、ジョンソンはバックコントロールから右のパンチを間断なく落とす。後方、わきの下から連続でパンチを受けて動けなくなったグスタフソンを見て、レフェリーが試合を止めた。

「アレックスは素晴らしいアスリート。ストックホルムのファンが楽しんでくれればと思う」と話、ジョン・ジョーンズとの対戦をアピール。一方、敗者グスタフソンは母国のファンに感謝の言葉を述べた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie