この星の格闘技を追いかける

【DEEP DREAM】終始ペース譲らなかった和田、最後はRNCでタップ奪う

Wada vs Miki【写真】フライ級注目の一戦は意外にもローキックが決め手に(C)GONGKAKUTOGI

<フライ級/5分3R>
和田竜光(日本)
Def.3R2分07秒 by RNC
神酒龍一(日本)

互いに右を見せ、神酒が組みつきにいくも和田が切ってパンチを狙う。テイクダウンのフェイントを多用する神酒に対し、和田が右ローを蹴り込む。ワンツーから右ハイという神酒の対角線コンビネーションをかわした和田が、ここでも右ロー、さらに左ジャブを入れる。右から左を振るい前に出る神酒、和田が距離を取る。パンチから左ハイと蹴りを織り交ぜる神酒だが、和田はしっかりと間合いを取って右ロー、そして右フックをヒットする。

神酒もローを返すが、左ローを被弾する。右ストレートから左ハイ、続く右フックを決めた神酒。テイクダウンを神酒が仕掛け、スプロールした和田。スクランブルのなかで細かいパンチが交錯する。和田の指が目に入ったか、神酒が目を気にする。左フックから身日ボディ、左フックを入れた神酒だが初回は和田のペースで試合が進んだ。

2R、スイッチを交える和田は右ジャブを伸ばし、神酒を翻弄する。神酒もしっかりと踏み込んでシングルレッグを仕掛ける。倒れない和田を追いかけ、神酒が右フックを入れる。和田は右ストレートを伸ばし、ヒットすると構えを変える。神酒は続けて前進し、右フックをここでも決めていく。和田はテイクダウンを防ぐが、神酒の右フックを被弾するシーンも目立ってくる。と、右ローでバランスを崩した神酒に、前田は続いて右サッカーボールキックを蹴り込む。スクッと立った神酒は、テイクダウンを切られ、またもサッカーボールキックを受けそうに。最後も右ローを入れた和田が、ペースを譲らず攻勢をキープした。

最終回、右オーバーハンドを打ち込んだ神酒。左フックから飛び込んだ神酒を押し返した和田は、構えを変えて間合いをキープする。右アッパーを空振りした和田だが、続いて右ジャブを入れ、左ミドルに続ける。神酒はダブルレッグを切られ、突破口を切り開くことができない。と、組み合いの中でバックを取った和田が神酒の背中に飛び乗って両足をフックする。前転して逃げようとした神酒を制した和田は、RNCをセット。そのまま絞めあげた和田が、修斗世界王者からRNCでタップを奪った。

PR
PR

関連記事

Movie

大会予定(現地時間)

JBJJF ALL JAPAN