この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC09】テイクダウン&トップコントロールもマッカーシー、カットでブラウンに下る

<女子アトム級/5分3R>
アンバー・ブラウン(米国)
Def.2-1:30-27, 29-28, 28-29
リズ・マッカーシー(米国)

サウスポーのブラウンが左ストレートを伸ばして組み付く。ケージ際の攻防からケージ中央に戻ると、ブラウンはハイキックから前へ。ケージに押し込まれたブラウンが、マッカーシーのボディにヒザを入れる。ダブルからシングルに移行したマッカーシーが再びダブルに組み換え、テイクダウンへ。パスを狙いつつパンチを落とすマッカーシーは、ブラウンの腕十字狙いを対処しながら、トップをキープする。そのままマッカーシーは継続してパンチを落とし、トップを取ったまま初回を戦い終えた。

2R、右目尻から流血が見られるマッカーシーは左ミドルを受けるも、そのまま組みついてケージにブラウンを押し込む。かなり激しいカットで、ブラウンの上半身が返り血で真っ赤に染まっている。ブラウンは体を入れ替え、首相撲からまたもヒザ蹴りへ。マッカーシーが押し込み返すも、ブラウンはケージ中央でヒザ蹴りを傷口に見舞っていく。ミドルとヒザを受け、消耗したか動きの止まったマッカーシーがテイクダウンを取られる。と、直後に腕十字を仕掛けたマッカーシーだが、ブラウンが上体を跨いでエスケープに成功する。

バックを窺うブラウンを亀スイープのようなスクランブルの状態に持ち込んだマッカーシーがトップを奪い返し2Rが終わった。最終回、左ミドルを連続で入れるブラウンにマッカーシーは左ハイ。続いてパンチを振るいながら組み付いてテイクダウンを奪う。ハイガードも効果的な技につなぐことができなかったブラウンだが、残り2分で蹴り上げから立ち上がる。ブラウンは左ミドルから首相撲に捉えるも、マッカーシーがダブルレッグでドライブしケージに押し込む。ケージから離れたブラウンは首相撲からヒザ、離れたマッカーシーがダブルレッグでテイクダウンに成功する。ブラウンの蹴り上げで両者が立ち上がったところでタイムアップに。結果、右目尻を大きくカットしたマッカーシーは、この傷をダメージと判断されたのか──スプリット判定で敗れた。カットがダメージなら、あれだけテイクダウンは奪えないはずだが……。ここもMMAの裁定の難しさが垣間見えた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN