この星の格闘技を追いかける

【UFC179】アグレッシブかつ荒々しい一戦は、フィーリがアランテスを判定で下す

<フェザー級/5分3R>
アンドレ・フィーリ(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
フィリッピ・アランテス(ブラジル)

いきなり派手な蹴り技を見せたアランテスが、思い切り右フックを振るう。距離が近づくと首相撲の態勢に入るも、直後にフィーリがテイクダウンに成功する。ケージを背にしてシッティングのアランテスに飛び込んでヒザ蹴りを入れたフィーリだが、直後に起き上がったアランテスが組み付いてテイクダウン、そのままマウントに入る。フィーリは慌てず右腕を差して、ブリッジからリバーサルに成功する。フィーリはパンチからパス、起き上がったアランテスがケージに押し込んでから離れる。

大きくステップを踏むフィーリは、右ストレート&左ハイのコンビネーションを見せる。さらに左ミドルで前に出ると、右フックを受けながらもパンチから首相撲、ヒザを連続で蹴り上げる。ノーガードで殴り合いに挑んだアランテスは残り12秒でテイクダウンを奪われ、初回を落とした。

2R、蹴り技を交えて打撃で前に出るフィーリに対し、アランテスが組んで即テイクダウンへ。下になったフィーリは足をきかせてリバーサル、トップから左右のエルボーを落とす。アランテスはヒールからバックを取って上を取り返すと、場内から大きな歓声が起こる。インサイドから左エルボーを3連続で落としたアランテス、フィーリは三角絞めを防がれると顔面を右足で押し上げてしまう。試合はスタンドで再開となり、アランテスのテイクダウン狙いをスプロールしてフィーリが小外掛けでテイクダウンを奪取する。即座に起き上がったアランテスが組んで上を取り返す。

胸を蹴って立ち上がったフィーリは、直後に腰に腕を回しテイクダウンへ。エルボー、担ぎ、そして鉄槌と攻勢に出る。ダイナミックなパス狙いからハーフで抑えたフィーリが左のパウンドを連続で落とす。上下を入れ替え、アグレッシブに攻め合った2Rが終了した。

最終回、荒くなった打撃戦から組み合いへ。フィーリのテイクダウン狙いは同体となり、立ち上がったフィーリがテイクダウンへ。アランテスはギロチンで迎え撃つも、フィーリが頭を引き抜く。トップで息を整えたフィーリが左エルボーからパス。アランテス左腕を差してくると必殺のギロチンを仕掛けるもすっぽ抜け、フィーリがガードを強いられる。試合がスタンドに戻るとアランテスが、ケージにフィーリを押し込む。距離を取った両者、フィーリが右ローを入れニータップへ。ここを防いだアランテスがケージにフィーリを押し込み、シングルでテイクダウン。簡単に倒れたフィーリに対し、アランテスが内側からエルボーを落とす。

フィーリは三角から腕を極めに。担いだアランテスにオモプラッタ、立ち上がれると即座に追いかけてバックから組み付いたフィーリがもう一度テイクダウンを奪う。大きくジャンプしてガードに入ったフィーリ、ここで試合はタイムアップを迎えた。結果、ジャッジ3者とも29-28でフィーリを支持した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie