この星の格闘技を追いかける

【No-Gi Worlds 2014】カイオ・テハ貫禄、成長ジョアオが優勝。シャントレ&ケイシーニョはシェア

Miyao【写真】今大会ではトップからの攻めや、クローズドガードを見せるなど幅の広がりをみせたジョアオ・ミヤオがライトフェザー級で貫録の優勝(C) Kenny Jewel /GrappleTv

4~5日(土~日・現地時間)、カリフォルニア州アズサにあるアズサ・パシフィック大学内フェリックス・イベントセンターにて、IBJJF主催の世界ノーギ柔術選手権が行われた。ADCCや世界柔術の如く世界の強豪が集結する最高峰の舞台とはいえないものの、各階級に注目選手が集まっていた今大会。まずは軽量3階級の模様をレポートしたい。

【ルースター級】

<決勝/10分1R>
カイオ・テハ(ブラザCTA)
Def. by RNC
デイヴィッド・ゼナリオ(ヴィセンチJr)

ワンマッチ決勝となった最軽量級。帝王テハは下を取ると、インヴァーテッド・デラヒーバフック(スパイラルガード)から内回りに回転。ゼナリオは目の前の足を取りに行くものの、これは罠のようなもの。テハはベリンボロの要領でバックに付き四の字フックを入れる。結局開始45秒でテハがあっさりチョークを極め、貫禄の優勝を果たした。

【ライトフェザー級】

(C) Kenny Jewel /GrappleTv

(C) Kenny Jewel /GrappleTv

<準決勝/10分1R>
ジョアオ・ミヤオ(シセロ・コスタ)
Def. by 腕十字 
ファビオ・パッソス(アリアンシ)

ジョアオは珍しくクローズドガードを取ると、ラバーガードのミッションコントロールのような形(ただし、逆手で自分の足首を掴むエディ・ブラボーとは違って順手を使用)からの攻撃を試みる。結局それは不発に終わり、ジョアオはガードを開いて下から膝十字を取るように回転。そのままベリンボロでパッソスの後ろに入り込んだジョアオは、やがて片足を背後からの二重絡みで捕らえてポジションを固定し、肩固めに移行する。パッソスも粘ったものの、バックから攻撃を続けるジョアオは腕十字を仕掛ける。腹這いとなったパッソスの後頭部に、ヤスケビッチ式の要領でZ字にした足でプレッシャーをかけつつ、パッソスの足を掴んでひっくり返して極めてみせた。

ミッションコントロール、二重絡み(ロックダウン)、バックからの腕十字というのは、いずれもエディ・ブラボーの10th planet システムの中心技。ミヤオ兄弟がブラボーの技術を研究したということはないだろうが、ベリンボロ一辺倒から進化するジョアオが、ベリンボロ登場以前の柔術における技術革新の代名詞的存在であったブラボーの技術に近づいているように見えるのは興味深いところだ。

(C) Kenny Jewel /GrappleTv

(C) Kenny Jewel /GrappleTv

<決勝/10分1R>
ジョアオ・ミヤオ(シセロ・コスタ)
Def. 10-4
トーマス・コヘア(アリアンシ)

試合開始直後、いつものように座り込むジョアオに合わせてコヘアがタックル。あわや2点先取かという場面を作ってみせた。すかさず下から回転して足を取りに行くジョアオ。しかし、コヘアは簡単にはバックを許さず、ダブルガードの体勢での足の取り合いを展開。ならばとジョアオは上を取って先制点を奪うが、するとコヘアもXガードからのスイープで返してみせる。二度までもスイープで上を取り返すことに成功したコヘアは、前半は五分にジョアオと渡り合っていた。

この試合で何度も繰り返されているダブルガード状態での足の取り合いの中、ジョアオはアキレスを取られたまま上になってポイントを6-4に。そのままコヘアの頭を抱えてプレッシャーをかけてゆくジョアオに対し、コヘアは腹這いになってアキレスを極めにゆく。ミヤオはその背中に多い被さるように上をキープすると、背後から肩固めの体勢に。「片足をアキレスに捕らえられながらの肩固め」という珍しい状態がしばらく続くうち、プレッシャーに屈したコヘアは足を離さざるを得なくなり、ミヤオはそのままほぼマウント状態に。ここで両者の体が場外に出て、スタンド再開とともにミヤオに2点が与えられ、8-4と決定的な差がついてしまった。

その後もジョアオは足狙いから上を取り肩固めを狙うという流れで加点をし、10-4で勝利して黒帯世界王者の称号を手にした。ベリンボロやダブルガードなどの攻防において互角の攻防をできる相手が出てきても、肩固めを中心としたトップゲームのプレッシャーで差をつけてみせたジョアオ。柔術家としての完成度の高まりを見せつけての優勝だった。

【フェザー級】

(C) Kenny Jewel /GrappleTv

(C) Kenny Jewel /GrappleTv

<決勝/10分1R>
サミール・シャントレ(ブラザCTA)
Def. No Fight
オズワウド・ホノリオ(ブラザCTA)

優勝候補筆頭のサミール・シャントレは、順当に決勝に進出。もう一報の準決勝では、シャントレと同門のケイシーニョことオズワウド・ホノリオが、ジャンニ・グリッポ(アリアンシ)と注目の対決を行った。が、これが50/50シーソー戦が延々と続く試合となってしまい、結局ホノリオがこれを僅差で制し、シャントレと優勝をシェアした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie