この星の格闘技を追いかける

【K-1】10月14日、両国大会でK-1 WGP開幕。バダ・ハリ参戦を発表

2012.08.24

K-1 World GP

【写真】10月の両国国技館大会では、いち早くヘビー級の戦いが日本に戻ってくる。そこにはミルコ、バダ・ハリ、ダニエル・ギタらに混ざってベン・エドワーズに代表される新顔も多い (C) WORLDKICKs

24日(金)、東京・千代田区のザ・ペニンシュラ・トーキョーでK-1 Globalの記者会見が行われ、10月14日(日)に両国国技館で開催される「K-1 World GP 2012 Final 16」の出場選手が発表された。

同大会ではヘビー級GP一回戦8試合行われ、16名が出場する。勝者は12月26日(水・現地時間)にNYCで開催されるファイナル・ワンデートーナメントに出場することになる。また、同大会には日本ムエタイ界を代表する梅野源治が参戦、K-1ルールに挑むこととなった。

この日の会見では、出場16選手中リザーブを含めた13人の名前が明らかになり、現在オランダで刑事事件の渦中にあるバダ・ハリや、ミルコ・クロコップ、It’s Showtime世界ヘビー級王者ダニエル・ギタら以外では、豪州、東欧圏のファイターの名が目立っている。残りの4選手は9月8日のLA大会後に決定するそうだが、日本勢としては上原誠と天田ヒロミの出場と、初戦で顔を合わせることも合わせて発表されている。

日本勢以外のK-1ヘビー級World GP出場ファイターと、会見資料に寄せられた魔裟斗EPによる各選手の印象は以下の通りだ。

バダ・ハリ(モロッコ)
「いうまでもなく優勝候補。ボクシングからのカムバックでキック勘がどれだけ持っているかがカギ」

ミルコ・クロコップ(クロアチア)
「5月のスペイン大会で久しぶりにミルコの試合を見たが、相変わらずキレ味鋭いハイキック、全盛期と変わらぬ勢いを感じた」

ダニエル・ギタ(ルーマニア)
「僕が見る限り、今のヘビー級の立ち技では世界最高ではないかと思う。数年前のギタとは完成度が比べようがないほど高くなっている」

ポール・スロウィンスキー(ポーランド)
「K-1でもおなじみの選手、キックもパンチも使えるオールラウンダー」

ザビッド・サメドフ(アゼルバイジャン)
「打ち合いの好きな荒々しい選手。激しい殴り合いに期待する」

パヴェル・ズラフリオフ(ロシア)
「スピードはないが、体力があって打たれ強い。ガンガン前でプレッシャーをかける選手」

ベン・エドワーズ(豪州)
「まさにブンブン丸、拳を振り回しKOを狙う。分かりやすく面白い」

セルジィ・ラシェンコ(ウクライナ)
「固い拳を持った、ボクシングテクニックのある選手」

ヘスディ・カラゲス(エジプト)
「2メートルを超える長身が魅力。(元)イッツショータイム王者の実力者」

ラウル・カティナス(ルーマニア)
「筋肉隆々、マイク・タイソンのようなファイター」

アーノルド・オボロトフ(リトアニア)
「のらりくらりと強さは感じないが、K-1番長に引き分けた実績は意味がある」

PR
PR

関連記事

Movie