この星の格闘技を追いかける

【UFN54】回転系打撃とダブルレッグの融合、クルックシャンクがンジョグアーニを封じ込める

<ライト級/5分3R>
ダロン・クルックシャンク(米国)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
アンソニー・ンジョグアーニ(米国)

ストライカー対決。構えを変えるクルックシャンクにンジョグアーニがローを入れる。低い構えのンジョグアーニにクルックシャンクはサイドキック。ワンツーからハイキック、後ろ回し蹴りと得意のコンビネーションを見せるクルックシャンクだったが、続く打撃の攻防でダブルレッグを決める。起き上がり際にボディへヒザを入れたクルックシャンクは右ストレートをヒット。頭を振って前に出るンジョグアーニもスイッチを駆使し、左ミドルハイを繰り出す。

残り90秒、ンジョグアーニは前蹴りを受けて大きな声を挙げる。クルックシャンクはスピニングバックフィストからミドルというコンビネーションを見せ、距離を取ったンジョグアーニに再度ダブルレッグを決める。このままトップをキープしたクルックシャンクが2つのテイクダウンで初回を制した。

2R、クルックシャンクの回転系の打撃を警戒し遠い距離を取ることで、自らの攻撃を当てえることも難しくなっているンジョグアーニ。クルックシャンクは前に出てプレッシャーをかけ、飛びヒザから左右のフック。続いてダブルレッグで肩にンジョグアーニを担ぐと、マット・ヒューズばりにオクタゴンを走りぬいてスラム。トップを取ったクルックシャンクがンジョグアーニの左胸にニーを入れると、頭を狙ったと判断されブレイクを命じられ、試合はスタンドで再開する。

即ダブルレッグを決めたクルックシャンクだが、ここはンジョグアーニがすぐに立ち上がって距離を取る。テイクダウンを交えながら間合いをコントロールしたクルックシャンクが連打を決める。さらに後ろ回し蹴りからサイドキックとリズムに乗ったクルックシャンクが、2Rも自らのラウンドとした。

3R、フィニッシュするしか勝ち目がなくなったンジョグアーニが前に出る。クルックシャンクは回りながら右ストレートを打ち込み、右オーバーハンドも決める。打つ手がなくなりつつあるンジョグアーニだが、手が出ない。と左ハイをキャッチしたンジョグアーニ、ここも思い切り攻撃できず、みすみすリリースする。クルックシャンクはンジョグアーニを誘っておいて後ろ回し蹴り。さらに右ミドルから左ハイを繰り出し、まるで楔を打ち込むような蹴りにンジョグアーニは大振りのパンチに頼るしかなくなる。

ンジョグアーニが左ハイから右ローを入れるが、逆転が掛かった3Rということを考えると遅きに失したか。と、クルックシャンクは残り70秒にダブルレッグでテイクダウンに成功する。万事休すと思われたンジョグアーニは腕十字へ。これも時間をかけて立ち上がって防いだクルックシャンクはそのまま最終回を戦い抜き、フルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie