この星の格闘技を追いかける

【UFN51】開始直後の右でダウン。チアゴがスペンサーに押し切られる

<ウェルター級/5分3R>
ショーン・スペンサー(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
パウロ・チアゴ(ブラジル)

開催地ブラジリアで特殊警察=BOPEだったチアゴに盛大な声援が送られる。いきなり左に続き放たれた右ストレートを受けてダウンしたチアゴが左腕を差して立ち上がり組んでいく。ケージ際に押し込まれながら態勢を入れ替えたスペンサーだが、ボディロックからヒザをつかされる。すぐに立ち上がり、ギロチンを受けそうになったスペンサーが距離を取り直す。打撃戦になると、またもワンツーを被弾したチアゴは、組んで強引にテイクダウンを仕掛けるが、スペンサーにトップを取られてしまう。

エルボーからパンチを落されたチアゴは、我慢の時間が続く。足を戻せず、潜ることもできないチアゴはスペンサーが立ち上ると、スタンド戦で左ジャブをダブルで受ける。足を滑らせる場面もあったスペンダーだったが、終了間際の打撃戦も攻勢のまま初回を終えた。

2R、チアゴが左フックを入れるも、スペンサーの前進に真っ直ぐ下がり右ストレートを受け、さらにハイが顔面を掠める。組みに行ったが、下になったチアゴは起き上がりシングルを仕掛ける。スペンサーが耐えるとダブルから引き込みハーフへ。ここでもエルボーを連続で落される。腕を差しても起き上がることができず、右エルボー、パンチを連続で落されたチアゴは右目尻をカットし流血に見舞われる。続いて背中を見せて逃げようとしたところでバックに回ったスペンサーが、RNC+バックからパンチへ。起き上がったチアゴが前方にスペンサーを振り落とし、トップを奪取。ハーフになったところでスペンサーが立ち上る。ラウンド終了と同時に、チアゴはしゃがみ込んでしまった。

最終回、「ここはブラジルだぞ」と気合を入れられたチアゴだったが、ガードも下がり厳しい状態は変わらない。懸命に連打を振るい、左をヒットさせたチアゴは、ケージ際に下がっても左から右を伸ばす。スペンサーは無理をせず間合いを取り直す。ヒザ蹴りから左フックを入れたスペンサー。チアゴは左フックからヒザ蹴りと意地を見せる。最後までパンチを出し続けたチアゴだったが、ジャッジ3者ともフルマークでスペンサーが判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie