この星の格闘技を追いかける

【UFC147】ディアスがテイクダウン&トップキープで削り勝ち

2012.06.24

<フェザー級/5分3R>
ハクラン・ディアス(ブラジル)
Def.判定3-0:29-28、30-27、30-27
ユーリ・アルカンタラ(ブラジル)

サウスポーのアルカンタラが、ヒザをボディに入れる。ディアスは組みついてケージ際までドライブするが、ワキが差せない。シングルから腰をコントロールしたディアスは、ここでテイクダウンに成功しインサイドハーフからパンチを落す。

ケージを背に立ち上がろうとしたアルカンタラから、肩固めの形になり肩をつけさせると、ディアスはマウントを奪取。肩固めを極まらなかったが、足を戻してきたアルカンタラにパウンドを落とし、立ち上がったところで大きくスラムで叩きつける。

左エルボーを落とし、一方的に試合をリードするディアスはアルカンタラを立たせず、右のパウンドを顔面に連続で見舞っていく。バックからヒザを臀部に入れたディアスだが、アルカンタラはスイッチからバックを奪い返す。キムラの形で腕を捻り、胸を合せにいったディアスに対し、アルカンタラが距離を取ったところで初回が終了した。

2R、左ミドルから組みついたアルカンタラだが、ここでもテイクダウンを奪ったのはディアスだ。右のパウンドを落とすディアス、アルカンタラは小見川の腕を負傷に追い込んだ腕十字へ。

すぐに察知したディアスが、立ち上がるがぶら下がるように十字を狙い続ける。ヒジがずれ、腕を引抜いたディアスは、そのままトップをキープする。立ち上がったアルカンタラだが、すぐに足を払われ倒される。潜りにヒジを落すディアスは、パウンドにつなげる。アルカンタラがクローズドガードに戻すと、エルボーを落としているにも関わらず、レフェリーがブレイクを命じる。

ファイターにスタンドで戦うよう強要しているような不可解なブレイクで、アルカンタラは左フックを放つ機会を得ることができたが、すぐにラウンド終了に。

最終回、ディアスの左、右をステップバックでかわすアルカンタラだが、無暗に前に出ることはない。テイクダウンを警戒しての間合いだろうが、ディアスが右ミドルを蹴り込んでいく。

アルカンタラは、パンチを遠い位置から放つので自然と振りが大きくなる。ディアスのローに右を合せようとしたアルカンタラに対し、左フックを返し組みついたディアスがテイクダウンを奪う。やや心が折れたかのように、背中を伸ばすアルカンタラ。サイドバックからバックに回ろうとしたディアスだが、アルカンタラがスイッチの要領ですり抜け立ち上がる。

すかさず真正面から組みつき、ダブルレッグでテイクダウンを奪い直したディアスにブラジルの観客はブーイングを送る。残り1分を切り、案の定レフェリーはブレイクを命じる。と、左フックで前に出たアルカンタラは、ディアスのダブルレッグダイブをスプロール。引き込んだディアスにパウンドを落とすが、手首を掴まれ、また足を利かされ攻撃を続けることができないまま試合はタイムアップに。結果、ディアスが30-27が二人、39-27でUFCデビュー戦を勝利で飾った。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday