この星の格闘技を追いかける

【TUF19】……厳しい試合内容もウォルシュがスポーンを破る

2014.07.07

<ライトヘビー級/5分3R>
パトリック・ウォルシュ(米国)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
ダニエル・スポーン(米国)

サウスポー同士のTUF19対決。スポーンの蹴りに対しウォルシュは組んでテイクダウンへ。スポーンは同時にギロチンを仕掛ける。頭を抜いたウォルシュは、インサイドガードから時計回りにパスを狙う。必死で足を組むスポーンはハーフに切り替える。ここでウォルシュは腕関節へ。続いてパンチからヒザを抜いてニアマウント。

スポーンが起き上がろうとすると、これを潰したウォルシュは引き続き腕関節狙いから、マウントを伺い、まずはパスガードへ。ウェルシュが左エルボーからパウンドでラウンドを締めると、スポーンは流血に見舞われていた。

2R、左フックから組みついたウォルシュがシングルレッグから足払いでテイクダウンを奪う。ハーフからキムラを仕掛け、自ら下にったウォルシュはこれを極め切れず、この試合で初めてガードを取ることに。背中を向けたウォルシュに対し、スタンドでバックマウントに入ったスポーンは自ら着地し、正対してからテイクダウンを狙う。これを切って、距離を取り直したウォルシュがダブルレッグからシングルへ。スポーンはエルボーからギロチンを狙うも、時間を掛けすぎる。案の定、大きく抱え上げられたスポーンがテイクダウンを奪われる。ハーフから腕狙い&パンチ、ウォルシュ攻勢のまま2Rも終了した。

最終回、ワンツーから右のショートアッパー、さらに左ストレートとパンチで前に出たスポーン。ウォルシュはシングルレッグでテイクダウン。ハーフからバック、再びハーフとウォルシュがポジションをキープする。ウォルシュはパスから、スポーンの起き上がり際にバック、シングルフックへ。続いて、正面に回ってダブルレッグでテイクダウンに成功する。ここから動きがなく、残り80秒でレフェリーがブレイクを命じると、明らかに困惑した表情を浮かべたウォルシュに対しスポーンがパンチ、ヒザで猛攻を仕掛ける。ウォルシュは必死の形相に組みにつくと、スポーンがギロチンで後方に倒れる。頭を抜いたウォルシュ、スポーンも最後に起き上がってがぶっていくがここでタイムアップに。

簡単にテイクダウンを許したスポーン、打撃に滅法弱いウォルシュ。UFCとしては、かなりレベルが低いと言わざるをえないファイトは3-0でウォルシュが勝利した。

PR
PR

関連記事

Movie