この星の格闘技を追いかける

【PXC44】ハンソルがノヴァ神奈川所属の米国人フォートに勝利

2014.06.27

Kim Han-Seul vs  Fought

【写真】ラウンド序盤に打撃でフォートを圧倒したキム・ハンソル。まだプロデビュー戦、スタミナ配分を学ぶのはこれからか(C)MMAPLNAET

<ウェルター級/5分3R>
キム・ハンソル(韓国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 29-28
エリック・マイケル・フォート(米国)

いきなりサウスポーのハンソルが左フックで飛び込み、フォートが後方に倒れる。必死に立ち上がるフォートだったが、ハンソルはパンチでプレッシャーをかけて左ハイキックや左ストレートをヒットさせる。フォートのアウトローに対して、ハンソルが左ストレートから右フック。その後もフォートの蹴りにハンソルがパンチを合わせる展開が続く。終了間際、ハンソルのインローがローブローとなるが、そのままインターバルへ。インターバル後、フォートにダメージ回復のための時間が与えられた。

2R、ハンソルのワンツーでフォートがダウン。ハンソルは立ち上がったフォートの顔面にヒザ蹴りを突き上げる。必死に組みつくフォートだったが、ハンソルがそれを突き放してパンチを打つ。ここで右目尻と鼻から出血するフォートにドクターチェックが入る。再開後、すぐにハンソルが左ストレートと右フック、左ハイキック。フォートはハンソルの左ストレートにダブルレッグを合わせるが、ハンソルは倒れない。ハンソルがフォートを突き放して打撃戦へ。ここでもフォートの蹴りに左ストレートを合わせて、フォートを下がらせ、尻餅をつかせる。しかしハンソルも深追いはせず。スタンドの打撃の攻防でラウンドは終わった。

3R、お互いに距離を測って、軽く打撃を交換する展開。ここもハンソルが左ストレートでフォートを下がらせるが、それ以上は距離を詰めない。フォートは何度もタックルに入るが、ハンソルがケージを背にしてテイクダウンを許さない。打撃でペースを取り、リスクを冒さない試合運びを徹底したハンソルが、ノヴァウニオン神奈川所属の米国人フォートを下した。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie