この星の格闘技を追いかける

【UFN40】決め手欠いた一戦も、マグニーがミーンズを押し切る

<ウェルター級/5分3R>
ニール・マグニ―(米国)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
ティム・ミーンズ(米国)

軽くローを入れるマグニーに対し、サウスポーのミーンズが左ボディストレートを伸ばす。ローの応酬から、ミーンズが左を振るい距離を詰めていく。ケージ際に下がるマグニー、ミーンズがエルボーを入れる。マグニーは左ジャブから右ストレートを放ち、距離を取ろうと試みる。構わず前に出るミーンズが、テンカオを放つ。組み合いに転じた両者、マグニーがミーンズをケージに詰める。ヒザ蹴りから距離を取り直したミーンズだが、再びケージに押し込まれボディロックからテイクダウンを許す。

背中を預けて立ち上がったミーンズが胸を合せて距離を取る。ミーンズはスピニングバックフィスト、ヒットしたが当たりは浅い。直後にマグニーの左を受けたミーンズがダウン。後方回転から立ち上がったが、この一撃で初回はマグニーがモノにした。

2R、初回同様プレッシャーを与えるミーンズに対し、マグニーが左ジャブで対抗する。サークリングを駆使するマグニー、ミーンズは蹴りで動きを止めに掛かる。マグニーの右ミドルをキャッチしてテイクダウンに成功したミーンズがバックを取って、脛を踏みつける。グラウンド状態のヒザ蹴りが顔面に入ったか、動きを止めたミーンズにシングルを仕掛けたマグニーがスタンドへ戻る。

一旦距離を取ったマグニーがダブルレッグでテイクダウンを奪うも、ミーンズもすぐに立ち上がる。直後に2Rが終り、このラウンドはミーンズが取り返した。最終回、ミーンズの左を受けたマグニーの動きが鈍り、バックに回られ顔面にヒザの直撃を受ける。エルボーを放ち、距離を取ったミーンズはマグニーのテイクダウン狙いにニンジャチョークへ。マットに背中をついて逃れたマグニーが立ち上って、ミーンズをケージに詰める。

腰をコントロールされてテイクダウンを許したミーンズは、すぐに立ち上がってケージ際に移動する。バックを取ったままのマグニーは、胸を合わされてもボディロックからテイクダウンを再度奪う。マウントからバックマウントを取ったマグニーは、ミーンズの背中を伸ばす。上体を起こしたミーンズに対し、シングルフックでバランスを取り、ハーフながらトップを守ったマグニーだったが、ミーンズがスクランブルからシングルレッグでトップを取り返す。ここで試合が終わり、一進一退、ただし決め手を欠いた一戦はマグニーが判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie