この星の格闘技を追いかける

【Bellator119】TD&トップキープ、危なげなくアレッシオが勝利

2014.05.10

<キャッチウェイト/5分3R>
ジョン・アレッシオ(カナダ)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
エリック・ワイズリー(米国)

左右にステップを踏むワイズリーをアレッシオが追いかけてダブルレッグへ。ギロチンを防いだアレッシオがトップを取る。アレッシオはインサイドガードからパンチを落とし、ケージに押し込んでいく。エルボーを受けたワイズリーは、ケージを蹴って頭を中央に向ける。引き続きエルボーを続けるアレッシオが、体を起こしてもクローズドガードのワイズリーは立ち上がることができない。右目尻をカットしたワイズリーは、ガードを開くことなく、最後に三角狙いを防がれるなど挽回の機会がないまま初回を終えた。

2R、最初の2分間はワイズリーのローが2発見られただけで、コンタクトがほとんどなかった両者。ワイズリーはロー、左を見せるとすぐに足を使って間合いを取り直す。この動きでテイクダウンに結び付けないと、ジャッジは逃げと判断する可能性がある。アレッシオは無暗に距離を詰めることなく、右ハイで距離を計りプレッシャーを与え続ける。ワイズリーの左から右のワンツーは距離が遠く届かない。アレッシオは右ミドルを放つも、慎重な姿勢を持ち続ける。残り45秒で組みにいったアレッシオだったが、ここはワイズリーが距離を取る。もう一度、アレッシオが組みつくもテイクダウンには結びつけず、動きの少ないまま2Rが終了となった。

最終回、組みに行ったアレッシオ、ケージにワイズリーを押し込む。シングルからダブルと組みかえたアレッシオが、腰をコントロールしてテイクダウンに成功する。初回と違いハーフのワイズリーに対し、アレッシオはボディから顔面にパンチを入れる。二重絡みのワイズリーは、ハーフでも防御一辺倒だ。パンチを落しておけば問題ないアレッシオは、パスやアームロックを狙いつつ決して無理をしない。最後はフルガードに戻したワイズリー、そのままタイムアップを迎えたが、もちろん勝ち目はなくフルマークでアレッシオが勝ち名乗りを受けた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie