この星の格闘技を追いかける

【UFC143】ポイエーがキックボクサーのホロウェイに快勝

<フェザー級/5分3R>
ダスティン・ポイエー(米国)
Def.1R3分23秒 by 腕ひしぎ十字固め
マックス・ホロウェイ(米国)

まだ線の細いホロウェイだが、勢いよくヒザ蹴りや左フックを繰り出す。ポイエーは左ストレートを伸ばすが、ホロウェイはバックステップでかわし、右ミドル、左のバックキックを放っていく。ホロウェイのフライングニーをキャッチしたポイエーは、ここではテイクダウンを奪えなかったが、続く打撃の交換後、ダブルレッグからスラムでテイクダウンに成功する。

すぐにマウントを奪ったポイエーは、重いパンチを落とす。ケージを蹴って、後方回転で逃げようとしたホロウェイに腕十字を仕掛けたポイエー。ホロウェイは左腕が伸び切りながら、左に向き返り胸を合わせる。ここでポイエーは待っていましたとばかりに三角絞めへ。そのままマウントを奪ったポイエーは、再び左腕を捻り上げ、腕ひしぎ十字固めでホロウェイからタップを奪った。

「とてもうれしい。彼はすばらしいキックボクサーだった。だから、本当にシリアスしたんだ」とポイエー。次戦が世界戦になるのか注目だ。

PR
PR

関連記事

Movie