この星の格闘技を追いかける

【UFC135】ブティッシュがリングを判定で下す

2011.09.25

<ミドル級/5分3R>
ティム・ブティッシュ(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、30-27
ニック・リング(米国)

距離の伺いあいが続く、静かな試合展開となった1R。ブティッシュが前に出ても、そこをリングがいなし、試合が振り出しに戻るという展開が続く。左目を負傷したブティッシュは、前に出てはリングのジャブを受けるという展開のなか、ヒザを突き上げて、ペースを掴もうとする。


2Rも初回同様の展開が続くなか、リングの下がりながらの打撃に対し、ブティッシュの右がヒットして、バランスを崩させることに成功。たまらず組みついたリングが、ヒザ蹴りを狙うも、ブティッシュがその足を振り上げ、テイクダウンを奪った。

すぐに立ち上がって組んできたリングに、ギロチンを仕掛けたブティッシュ。クローズドガードを取って引き込むが、リングは首を引き抜き、パウンドを落とす。試合がスタンドに戻ると、ブティッシュがアッパーからダーティボクシングでリングを攻め込む。

フック、さらに左ストレートをヒットさせたブティッシュは、ラウンド終了間際に大外刈りから、ニー・イン・ザ・ベリー、アームロックを仕掛けるも、ここは惜しくもタイムアップに。それでもブティッシュは、明確に2Rを自らのラウンドとした。

最終回、開始早々組みついたリングだが、テイクダウンはできない。距離ができると、プレッシャーを与えるのはブティッシュだ。ニーから距離を詰めて、ケージにリングを押し込んだブティッシュは、ブレイクまで粘り、距離ができると組んでエルボーを見せる。

前蹴り、ヒザ蹴りとつねに下がりながらの攻撃となるリングは、再びケージに押し込まれ、ついにテイクダウンを奪われる。バタフライガードからクローズドガードに移行し、完全に背中をマットにつけることになったリングに対し、ブティッシュは片ヒザをついて細かいパウンドを落とす。

両者、動きが少なくレフェリーが再びブレイクを掛け、試合はスタンド戦に。右ストレートから組みついて、ヒザ蹴り、さらに跳腰でリングを投げ切ったブティッシュ。抑え込みは、体をロールしたリングに逃れられるも、動きのなかでマウントを奪ったブティッシュが、最後はサイドからパンチを落としながらタイムアップを迎え、判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie