この星の格闘技を追いかける

【UFN25】大物ジェイク・シールズに挑むエレンバーガー

2011.07.27

Ellenberger9月17日(月・現地時間)、ルイジアナ州ニューオリンズのアーネスト・N・モリアル・コンベンションセンターで行われるUFC Fight Night 25「Shields vs Ellenberger」のファイティング・ラインナップがオフィシャル・カードとして、25日(月・同)にUFCより発表された。

【写真】前回のシェーン・ピアソン戦では、豪快な1R TKO勝ちをしているジェイク・エレンバーガー。4月にGSPに敗れ、この日が再起戦となるジェイク・シールズを相手に、どのような試合を見せることができるか? (C) GONGKAKUTOGI

メインはウェルター級の地味強対決。UFC出場以来4勝1敗、現在は4連勝中と着実に勝ち星を伸ばしてきたエレンバーガーが、09年9月のカーロス・コンディット戦以来のビッグネーム=ジェイク・シールズと対戦する。

レスリングがベースでも、そのMMAスタイルは正反対といっていい両者。ジェイクはレスリングと柔術を融合させ、しっかりとポジションを固めていくスタイルの持ち主だ。そこから関節、絞めを狙うアメリカン柔術と、自らが呼ぶグラップリング・スタイルを構築している。


一方のエレンバーガーは、レイン・トレーニングセンターをリードするマーク・ムニョスのようにレスリングを軸に、KOパワーを誇る打撃を武器に戦う。もちろん、柔術も消化しているが、スタンドでの当たりの強さはもとより、テイクダウンを奪った後もパウンドで勝負を掛けるのが、彼の戦い方だ。

圧倒的なポジショニングの強さを持ちながら、パウンドの勢いが弱いことで、観客の受けが悪いジェイクとは対照的といえるだろう。

世界戦に限らずメイン=5R制を用いようとしているUFCだが、今大会は3Rで行われることも改めて決定している。02年以来9年振りのルイジアナ州での大会、ニューオリンズでいえばSEG時代の00年9月22日以来、実に11年ぶりの開催となるUFN25。やや地味目なラインナップといえないことはないが、一時は視力を失う可能性があるとケージから離れていたアラン・ベルチャーの2年4カ月振りの復帰戦など、ファイトナイトらしくコアファンにとっては、気になる試合がズラリと並んでいる。

■UFN25主な対戦予定カード

<ウェルター級/5分3R>
ジェイク・シールズ(米国)
ジェイク・エレンバーガー(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジョナサン・ブルーキンズ(米国)
エリック・コク(米国)

<ミドル級/5分3R>
アラン・ベルチャー(米国)
ジェイソン・マクドナルド(カナダ)

<ライト級/5分3R>
ヴァグネル・ホシャ(ブラジル)
コディ・マッケンジー(米国)

<ライト級/5分3R>
シェーマ―・ベイリー(米国)
エヴァン・ダナム(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ランス・ベノア(米国)
マット・リデル(米国)

Round 5、UFC アルティメット・コレクター シリーズなど人気のフィギュアが日本上陸

PR
PR

関連記事

Movie