この星の格闘技を追いかける

【UFC131】ドスサントス戦に挑む、カーウィンの不安要素

シェーン・カーウィンズッファイベント・マンスリーとなる6月4日(土・現地時間)のTUF13フィナーレに続き、今週末11日(土・同)、カナダはブリティッシュコロンビア州バンクーバーのロジャース・アリーナで、UFC131「Dos Santos vs Carwin」が開催される。

【写真】昨年7月のレスナー戦以来、11カ月ぶりの復帰戦でドスサントスと対戦するカーウィン。不安要素が拭えない大一番だが、楽しみな攻防も…(写真提供)格闘技ESPN

当初の予定では、今大会はTUF13のコーチ対決ジュニオール・ドスサントスとブロック・レスナー戦が組まれていたが、レスナーが憩室炎を再発し、同大会でユノラフ・エイネモと対戦が決まっていたシェーン・カーウィンに代役出場の白羽の矢がたった。現UFC世界ヘビー級王者ケイン・ベラスケスへの挑戦権が賭けられた試合として、元暫定ヘビー級王者の登用は、レスナー戦の敗北からはじめての試合となる点を除けば、最上の選択といえるだろう。

昨年7月にレスナーをKO直前に追い込みながら、肩固めで逆転負けを喫したカーウィン。上記にあるよう、11カ月ぶりの試合が、肩慣らしの一戦でなく最強の座を争う最大のライバル=ドスサントスとの試合という点に不安は残る。


UFCヘビー級戦線の秒殺王、破壊力の十分のパンチとテイクダウン能力を誇るカーウィンだが、体力面への不安は残り、何よりも実戦の感が戻っているかどうか疑問があるなかで迎えるドスサントス戦は、決して楽な戦いにはならないだろう。

パワーではカーウィンに後れを取るドスサントスだが、足技、ヒザ蹴りなどを交えた打撃のコンビネーションの多彩さは大いに上回っている。典型的なボクシング&レスリング・スタンスのカーウィンの突き出た前足は、ドスサントスのローの恰好の餌食になる可能性も高い。

その一方でローやジャブのプレッシャーをもろともせず、カーウィンの一発が試合を決める可能性も十分にある。勝ち負けでなく、純粋に楽しみな攻防は、ドスサントスがテイクダウンを許したケースだ。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの愛弟子で、現在は茶帯。ミノタウロ自身も『すぐに黒帯を与える』と発言しており、これまでオクタゴンで見せたことのないドスサントスのグラウンドワークが、この試合で披露されることになれば、その試合展開への興味も倍増する。

<MMA情報モバイルサイト=格闘技ESPN>
世界の格闘技情報を網羅、配信するモバイルサイト「格闘技ESPN」。米MMAサイト「SHERDOG.com」の日本語ニュースやコラム、ランキング、各種待受画像など充実のラインナップ!

■UFC131「Dos Santos VS Carwin」全対戦カード

<ヘビー級/5分3R>
ジュニオール・ドスサントス(ブラジル)
シェーン・カーウィン(米国)

<フェザー級/5分3R>
ケニー・フロリアン(米国)
ディエゴ・ヌネス(ブラジル)

<ヘビー級/5分3R>
ユノラフ・エイネモ(ノルウェー)
デイブ・ハーマン(米国)

<ミドル級/5分3R>
デミアン・マイア(ブラジル)
マーク・ムニョス(米国)

<ライト級/5分3R>
ドナルド・セラーニ(米国)
ヴァグネル・ホシャ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
サム・スタウト(カナダ)
イーブス・エドワーズ(米国)

<ミドル級/5分3R>
ジェシー・ボンフェルツ(米国)
クリス・ウィードマン(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
クリストフ・ソジンスキー(カナダ)
イゴール・ポクライェク(クロアチア)

<ミドル級/5分3R>
ニック・リング(カナダ)
ジェイムス・ヘッド(米国)

<フェザー級/5分3R>
ダスティン・ポイエー(米国)
ジェイソン・ヤング(英国)

<ヘビー級/5分3R>
ジョーイ・ベルトラン(米国)
アーロン・ロサ(米国)

<フェザー級/5分3R>
小見川道大(日本)
ダレン・エルキンス(米国)

Round 5、UFC アルティメット・コレクター シリーズなど人気のフィギュアが日本上陸

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie