この星の格闘技を追いかける

【UFC130】ブティッシュがミドル級転向初戦で圧勝

2011.05.29

<ミドル級/5分3R>
ティム・ブティッシュ(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
ケンドール・グローブ(米国)

序盤からテイクダウンを重ねるブティッシュ。最初は立ち上がったグローブも、2度目に倒されるとガードを強いられる。腕十字を外され、一瞬、距離ができたが立ち上がることができない。スタンドで待ち受けるブティッシュに誘われるようにスタンドに戻るも、すぐに組みつかれてしまう。

ヒザをボディーに突きあげるグローブだが、テイクダウンで失ったポイントを挽回するような有効打はない。初回はそのままケージ際での組み合いが続き、ブティッシュ優勢のまま終了した。


2R、右ジャブを伸ばすグローブに対し、リーチで劣るブティッシュの肩の入った右ストレートがヒット。 そのまま組みついて、ケージにグローブを押し込むと、外掛けからテイクダウンに成功。パンチを落し、サイドから抑え込むと、背中を見せて立ち上がらんとするグローブにすぐにテイクダウンからサイドを奪う。

なんとか立ち上がったグローブだが、引き続きダブルレッグを決められ、全く攻め手が見当たらない。ハイガードも担がれ、スタンドに戻ってなお、自らの距離に入ることが出来ないまま、最終ラウンドを迎えることとなった。3Rも開始直後にテイクダウンを奪ったブティッシュ。立ち上がろうとするグローブに対して、今度は跳ね腰のような形でテイクダウンに成功した。

背中を預けて立ち上がったグローブは右目の下をカット。打撃を入れたいが、すぐに距離を潰されてしまう。やや疲れの見えたブティッシュだが、ここでもシングルレッグを決める。グローブにハイガードから腕を一本とって攻撃を仕掛けられても、すかさず立ち上がってトップをキープ。

グローブは常にマットに背をつけて闘う展開が続く。ハイガードから三角絞めを狙うが、そのたびにブティッシュに察知されて立ち上がられてしまう。しかし、残り1分を切って、グローブはようやくシングルからトップを奪うことに成功。

これをブティッシュは簡単にリバーサルで態勢を入れ替えて、パウンドを落しながら試合終了のホーンを聞いた。脅威のテイクダウン能力を見せたブティッシュは、フルマークでTUFシーズン3ウィナーを下し、ミドル級転向初戦で圧勝した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie