この星の格闘技を追いかける

【UFC130】マクドナルド、辛くも判定勝利

2011.05.29

<バンタム級/5分3R>
マイケル・マクドナルド(米国)
Def.判定2-1:27-30、29-28、29-28
クリス・カリアソ(米国)

頭一つ大きなマクドナルドは、サウスポーのカリアソにハイキックに右ストレートを合わせる。バランスを崩したカリアソに組みつかれるも、落ち着いてワキを差していく。ケージ際でポジションを入れ替える両者。マクドナルドは右フックを打ちこみ、自ら距離を取る。

マクドナルドはカリアソの右ローに右ストレートを再び合わせ、打撃戦で優位に。プレッシャーをかけて、右ローを蹴り込んでいく。左ストレートの後に放ったハイキックを空振りすると、ここで初めてパンチを被弾するが、テイクダウン狙いを冷静に切っていった。

カリアソは果敢に左ハイを見せたが、再びローに右を合わされてしまい、寝技に誘うように背中をつける。すぐにインサイドに飛び込んだマクドナルドは、パウンドを落してから立ち上がり、試合はスタンドへ。マクドナルドはやや力みだし、パンチを放ったあとで姿勢を乱すシーンもあったが、最後の最後にハイキックにテイクダウンを合わせ、カリアソのヒールフックを凌いだところで初回終了。


2R、マクドナルドは右ハイでカリアソの姿勢を起こさせようとする。カリアソは左ハイを返して、組みつこうとするがエルボーを額に受ける。それでもマクドナルドの右に距離を取ってステップバックすると、飛び込みながら左を伸ばす。続く左ミドルで右を合わせられそうになるど蹴りでバランスを崩して尻餅。それでもスタンドをキープしたマクドナルドは、自らの打撃の距離を維持したが、左ローが急所にヒット。

マクドナルドが呼吸を整えインターバルが終了。直後にハイキックを打ち合った両者だが、これは距離が合わなかった。カリアソは左ロー、右ハイを放つと、低い姿勢からパンチへ。これを嫌がったマクドナルドは、組みついていくもテイクダウンには至らない。

右エルボーを放って自ら距離を取ったマクドナルドは、直後にシングルレッグからテイクダウンを奪うと、そのままニアマウントへ。懸命にエビで足を戻したカリアソだが、マクドナルドがスコアリングに成功した終盤となった。

3R、勝利を掴むにはビッグポイントが必要なカリアソは、左ミドルを放つが、なかなか自分の距離で戦うことができない。しかし、マクドナルドの右にテイクダウンを合わせ、この試合で初めてトップを奪った。

パス狙いのカリアソにマクドナルドはスイープを仕掛ける。足を戻して腕を固めていくと、鉄槌を落とされる。三角絞め狙いは察知されてスタンドとなったが、直後にテイクダウンへ。
カリアソはその刹那、オモプラッタからヒジを極めに掛かるが、マクドナルドはロックされた足を捌きスタンドへ。残り1分、カリアソの左ミドルをブロックし、右フックをダッキングでかわしたマクドナルド。思い切り左を打ち込むが、これは空振りとなりラスト10秒。ここはテイクダウンを警戒してか、カリアソが距離を取ってタイムアップに。

健闘を称えあった両者、最初に読み上げられた裁定が27-30で一瞬、焦った表情を浮かべたマクドナルドだったが、残りの2名が29-28で彼を支持し、ホッとしたような笑顔を見せ、ケージを後にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie