この星の格闘技を追いかける

【BFC39】元王者グッド、五輪柔道代表ホーンに判定負け

2011.04.03

<ウェルター級トーナメント準決勝/5分3R>
リック・ホーン(米国)
Def.判定2-1:30-27,29-28,28-29
ライモン・グッド(米国)

「対戦相手がどれだけ柔道が強いかは気にしない。これはMMAだから」という前BFC世界ウェルター級王者グッド。左ジャブで牽制するグッドに対し、ホーンも左を伸ばす。遠い距離からアッパー、前蹴りを見せるグッドに対し、ホーンが組みついてケージまで押し込む。胸を合わせて距離を潰そうとするホーンに、ボディ、顔面にはヒザを突き上げる。

一瞬、身を引いたホーンがワンツーのフックから組みつくが、テイクダウンに至らず、自ら距離を取る。グッドの左ジャブが的確にホーンを捉え、前に出てきたところに右、そしてアッパーを打ち込む。たまらず組みついたホーンが、足を刈りにいくが、グッドはケージを背にして倒れない。再び試合がケージ中央に戻り、打撃の間合いの中で初回が終了した。打撃戦で劣勢になり、組みついてテイクダウンを奪えないホーンは、心身ともに削られているはずだ。


2R、グッドの左ロー、パンチを受けて頭を下げてしまうホーンだが、足払いでテイクダウンを奪う。クローズドガードのグッド。ホーンは足をさばいて鉄槌を落そうとする。なかなか効果のあるパンチを落とすことが出来ないホーンに対し、グッドもディフェンスに徹している。

ホーンが片膝になると、グッドも足をすくおうとするも動きが少ないまま、2Rも残り1分を切る。ホーンは細かいパンチを放ちながら、トップをキープ。終了間際にグッドの蹴り上げに立ち上がったところで、2Rが終わってゲームをタイに戻した。

最終回、距離を詰めたいホーンに対し、下がりながらパンチを打ちこむ素振りを見せるグッド。頭を下げて前に出てくるホーンが、右ローを見せる。ホーンの低い姿勢のパンチは空を切り、グッドの右が軽くホーンを捉える。

頭を下げて拳を振り回しながら、闇雲の前に出るホーンだが、2Rのように組みつくには至らない。しかし、徐々にプレッシャーがきいてきたかグッドがケージ際まで追い込まれると、一気に距離を詰めて組みつく。

テイクダウンを許さなかったグッドは、ホーンの蹴り足を掴んでパンチを放つ。残り2分となり、なんとしても組みつきたいホーンが前に出て、下がりながらパンチの機会をグッドがうかがうという展開が続く。

ホーンは足払いとローの中間のような足技を見せるが、距離を詰め切る前にパンチの攻防があるため、それ以上の攻めを見せることができない。テイクダウンを避けることがプライオリティで、なかなかパンチをいれることができないグッド。と、ラスト10秒を切り、ホーンはグッドの左足に組みつき、払いあげるようにテイクダウンを奪う。

最後の最後で痛恨のテイクダウンを許したグッドは、尻もちではなく背中をキャンバスにつけた状態でタイムアップのときを迎えることとなった。結果、スプリットながらホーンが前世界王者を破り、トーナメント決勝を決めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY