この星の格闘技を追いかける

【TPF05】マクドナルド、1万5千人の街から世界への一歩

2010.07.07

MacDonaldセントラル・カリフォルニアのリムーアで開催されるMMAイベント、TPF(タチ・パレス・ファイツ)。旧WEC時代からPFC(パレス・ファイティング・チャンピオンシップ)を経て、今もMMA界の登竜門、そして再生工場の重要な役割を持つ同プロモーションにとって、第6度目の開催となる大会「Stars&Strikes」が、今週9日(土・現地時間)に、プロモーション名となっているタチパレス・ホテル&カジノで開催される。

【写真】元はマーシャルアーツ系の小さなジムから、ワールドクラスまであと一歩のところにきているマイケル・マクドナルド。左が師のトム・セオファノパウロス (C) MMAPLANET

PFCから運営陣が変わり、TPFを名乗るようになり1年。最初の大会は、PFC時代の名残ボクシングとの合同イベントだったこともあり、2度目のイベントから開催数をアカウントするようになったため、この6度目のイベントがTPF5となる。

2月大会でナム・ファンを破り、TPFフェザー級王座に就いたアイザック・デジーザスが、元WEC世界ライト級王者ロブ・マックローと160ポンドで対戦する一戦をメインに、ジョン・アレッシオがジョン・コッペンハーバーことウォー・マシーンと戦うウェルター級マッチなど、元ズッファ系ファイターが数多く出場する。

同時にTPFが認定する3人の世界王者も登場、なかでもTPFバンタム級選手権試合は、DREAMで前田吉朗をKOしたコール・エスコヴェドの王座初防衛戦となる注目の一番だ。


Escovedo【写真】2月にジェフ・ベダードを破り、TPF世界バンタム級王座を獲得したコール・エスコヴェド。ミスター三角絞めは打撃も切れることをDREAMの前田吉朗戦で明らかにした (C) MMAPLANET

初代WEC世界フェザー級王者(※ズッファ買収前)で、三角絞めが代名詞といわれながらも、打撃の白星も6つを数えるトータルファイターのエスコヴェド。ちなみに一本勝ちは9つで、トータル16勝のうち、判定決着は1試合のみ。

挑戦者のマイケル・マクドナルドとは、同大会の前身PFC時代に戦っており、2RでTKO勝ちしている。この敗戦がマクドナルドにとって唯一の敗北で、彼もまた9つの勝利で判定勝ちはゼロ、6TKOと3サブミッションというフィニッシャーだ。

リムーアとサクラメントの中間地点にほど近い、シエラネヴァダ山脈の麓、人口僅か1万5千人のオークデイルという小さな街にある、オークデイルMMAジム所属のマクドナルド。

このジムは、元はハワイアン武道のカジュケンボースクールで、レスリングでジュニア五輪に出場しながら、伝統派カラテ、そしてカジュケンボーをマスターし、今ではフラービオ・ベーリンギ門下の柔術黒帯でもあるトム・セオファノパウロスが率いている。

同ジムでは、ラストスタンド・ファイターというプロチームを結成しており、19歳のマクドナルドはその中心ファイターでありながら、二つのスクールでキッズ柔術の指導者も務めている。

彼自身も、既にブラジリアン柔術茶帯を巻いており、2月にはWEC世界バンタム級王座に挑戦経験もあるマニー・タピアに何もさせず4分31秒でTKO勝ちを収め、WECのスカウト網にも当然リストアップされている。

とはいっても、前田吉朗を蹴り技で倒すキング・オブ・トライアングル=エスコヴェドの経験値は、マクドナルドには大きな壁になることも予想される。

Michael【写真】柔術茶帯、現代MMA的なトータルバランスを持つマクドナルドだが、その切れのある打撃に、カジュケンボーの影響は? (C) MMAPLANET

打→倒→抑→極&打のバランスが良いトータルファイターのマクドナルド、対してバランスが一見悪そうで、穴のないエスコヴェド。TPFというタイトル以上に興味深い選手権試合といえる。

■TPF05「Stars&Strikes」対戦予定カード

<160ポンド契約/5分3R>
アイザッグ・デジーザス(米国)
ロブ・マックロー(米国)

<TPFウェルター級選手権シア/5分5R>
[王者]デイヴィッド・ミッチェル(米国)
[挑戦者]ポッピー・マルチネス(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ウォー・マシーン(米国)
ジョン・アレッシオ(米国)

<TPFバンタム級選手権試合/5分5R>
[王者]コール・エスコヴェド(米国)
[挑戦者]マイケル・マクドナルド(米国)

<TPFライト級王座決定戦/5分5R>
ゲイブ・ルーディガー(米国)
レニー・ロバト(米国)

<ライト級/5分3R>
デイヴィッド・カプラン(米国)
ドミニク・ロビンソン(米国)

<バンタム級/5分3R>
ステファン・エイバス(米国)
ジョーイ・デラクルス(米国)

<ライト級/5分3R>
デイヴィッド・ボレア(米国)
コディ・ギブソン(米国)

<バンタム級/5分3R>
フランシスコ・ロレド(米国)
ドリュー・ビットネー(米国)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday