この星の格闘技を追いかける

【RFA13】エスクデロの猛攻凌ぎ、コクランが逃げ切り判定勝ち

<ライト級/5分3 R>
ダコタ・コクラン(米国)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
エフライン・エスクデロ(米国)

地元のコクランに大きな声援が送られるなか、試合がスタート。高いガードのエスクデロに対し、コクランは左ストレートを打ち込む。右を返すエスクデロ。コクランは右の前蹴りで距離を計り、左フックから組みついて胸を合わすと小外刈りでテイクダウンに成功する。エスクデロはハーフを取ると、両者ボディへのパンチを打ち合う。クローズドガードのエスクデロに対し、コクランがヒジを落していく。コクランはボディからエルボーを落とし、エスクデロの三角狙いをスラムし、同時にヒジを入れる。

エスクデロはハイガードを続き、トライアングルをセットアップも、ヒジが外に出ておりタイトに組まえない。コクランはフックが緩くなるとその刹那、担いでパスに成功する。残り20秒、トップを守ったコクランが初回を制した。

2R、パンチの交換のあとテイクダウンを狙ったコクラン。エスクデロのギロチンを防ぐと、インサイドガードへ。エスクデロ―は腕十字にスイッチも、空いた左のエルボーを落される。エスクデロはヒールフックからバックを伺うが、コクランが体を捻って舞うように足を引抜くとパスへ。エスクデロが再びヒールを仕掛け、今度は同体で立ち上がる。コクランはケージにエスクデロを押し込み、肩に担いで豪快にスラムで叩きつける。エスクデロのオモプラッタを抜いてトップをキープするコクラン。2Rが終了した。

最終回、パンチの受けて焦ったコクランのテイクダウン狙いを切り、バックに回ったエスクデロがRNCを仕掛ける。足がフックされる前に、左足を跨いだコクランに対し、エスクデロが右腕の上から四の字フックへ。右腕を殺されており、パンチを防ぐことができないコクランは、こめかみに拳を受け続ける。一瞬チョークを見せ、またパンチに切り替えたエスクデロ。コクランは絞めもパンチも防げず耐えるのみで、厳しい状態が続く。

残り2分を切り、コクランはエスクデロの手首を掴んで頭を潜らせて、胸を合わせる。エスクデロは同時に三角からエルボーへ。首を抜いたコクランが鉄槌を落とし、同時に立ち上がる。コクランのテイクダウンに、エスクデロは巴投げのように後方にコクランを送り、足関節へ。即、体を反転させてトップを取るコクランに対し、エスクデロは三角絞めへ。目まぐるしいスクランブル戦の最中、試合はタイムアップに。結果、コクランが3-0の判定勝ちで激闘を制した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie