この星の格闘技を追いかける

【UFC113】ダークセン、ワンチャンスでチョーク一閃

2010.05.09

Doerksen■第6試合 ライトヘビー級/5分3R
ジョー・ダークセン(カナダ)
Def.2R2分10秒/リアネイキドチョーク
トム・ローラー(米国)

【写真】ローラーがパンチを受けるシーンは、まさにダン・スバーンを思い起こさせる。打ち疲れからか、テイクダウンを狙ったのはミスチョイスでダークセンの庭に自ら入り込んでしまった (C) ZUFFA

スバーンもどきのローラーは、本家とは違い、試合が始まるとパンチを多用する。右ジャブを思いき振るうローラーに対し、ダークセンは首相撲からのヒザ、さらにハイキックと足技で対抗する。左ロー、左ミドルを見せたダークセンだが、ローラーは直後に左フックでダウンを奪った。

すぐにスタンドに戻ったダークセンに、ローラーは左右のフックで追い打ちをかける。動きが鈍くなったダークセンは、首相撲からヒザ蹴りで反撃を試みるが、パンチの打ち合いでは上半身が大きく揺れ、ダメージは隠せない。


右アッパーから、右フックを打ち込んだローラーも、残り90秒となりペースが落ちる。左目の周囲から鮮血を滴らせるダークセンが、終盤になり左右のフックで攻勢を握る。ここでローラーのパンチがヒットし、ダークセンが再びバランスを崩すが、追い打ちをかけたローラーは自ら前方に転がり込み、好機を逃してしまう。

右目を腫らし肩で息をするローラーは、攻勢に出ながらもスタミナ面で2Rに不安を残す、ラウンド終盤だった。2R、ローからハイを見せたダークセン。ローラーのパンチに対し、ダークセンは左をかぶせるように打ち合いに応じる。左右のハイから、左をヒットさせたダークセンは、ローラーの前進を冷静に見極める。スピードが明らかに落ちてきたローラーは、パンチの打ち終わりで、体が大きく流れるシーンも目立ってくる。

体の軸を失った状態で、ローラーはテイクダウンを仕掛けるが、この展開はダークセンが望んだもの。首を切って、バックに回ったダークセンは一瞬にしてリアネイキドチョークの態勢に入り、ローラーからタップを奪った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie