この星の格闘技を追いかける

【WEC48】壮絶死闘もチャンソンは報われない判定負け

2010.04.25

Garcia X Jung■第6試合 フェザー級/5分3R
レオナルド・ガルシア(米国)
Def.3R終了/判定
ジョン・チャンソン(韓国)

【写真】ディフェンス無用、両者拳を負傷したが、脳へのダメージの蓄積が心配になるノーガードの打ち合い。すざましい勝負だった (C) ZUFFA

戦極で活躍したチャンソンのWECデビュー戦。思い切りローを蹴り込むチャンソンだったが、そのローに重い右を合されそうになる。ガードを下げて拳を振るうチャンソンは、右を空振りしたところで、反対に右を受けるも、そのままジャンピングニーへ。ここから試合は一気にヒートアップ。ガード無用の殴り合いを演じた両者、ガルシアがたまらず組みつくも、テイクダウンを許さなかったチャンソンは、スタミナが切れ気味になり、真っすぐさがるガルシアを追いかけた。

左右のフックでダウンを奪ったチャンソンは、パウンド+エルボーを落とすと、ガルシアの腕十字、オモプラッタを切り抜けてゾンビ振りを発揮すると、ここからまたも壮絶な拳の交換が始まる。パンチを受けつつ、ヒザを返すガルシア。顔面にそのヒザを受けても、同時に拳を振るうチャンソン。初回が終了すると、サクラメントの観客は立ち上がり、足踏みをしながら両者を称えた。


2R、ガルシアの右がヒットし、大きくバランスを崩すチャンソン。互いにアゴをつきだした状態でパンチの交換を続け、ガルシアがフラフラのチャンソンを追い込む。しかし、パンチを出し続けた彼は、ここで打ち疲れてしまいテイクダウン狙いへ。距離を取った両者はダメージが蓄積し、スタミナをロスしても腕を振るい続ける。

ガルシアが左右のローを見せると、一気に復活したチャンソンは左右のフックからバックに回り、ガルシアの背中に飛び乗ると、前転もなんのその、一回転しバックマウントへ。

マウントへ移行しようとした隙に、足を戻して立ち上がったガルシア。左右のフックを思い切り振るうが、拳はチャンソンには届かない。残り1分、ラッシュをかけたチャンソンは、左右のフックを繰り出し、ガルシアはマウスピースを吐きだしてしまう。レフェリーがブレイクを命じ、マウスピースをガルシアの口に戻すと、スイッチが入ったかのようにガルシアが反撃を開始。今度はチャンソンがパンチを連続で受け、棒立ちになった。

最終ラウンド、ローを入れたチャンソンに、ガルシアは距離を取り、前に出てくるゾンビにヒザを突き上げる。続いて右ハイを見せたガルシアは、さらにローを蹴り込み、チェンソンの前進を食い止める。サイドに回り、スタミナの回復に努めたガルシアが左右のフックを打ち込む。両手で顔面をガードしたチャンソンは、なかなか攻撃に移ることができない。

残り3分、スーパーマンパンチで距離を詰めたチャンソンだったが、ガルシアは距離を取り直す。10分間の殴り合いでペースダウンした両者だが、残り2分を切り、チャンソンがバックブローから左右のフックでラッシュを掛ける。ここでは打ち合いに応じず、距離を取ったガルシア。それでもチャンソンは距離を詰めパンチで攻め込むと、ガルシアもヒザを蹴り上げてから打ち合に応じる。

残り30秒、館内にファンの足踏みの音が鳴り響くなか、ガルシアはテイクダウンを狙い、無理と見るや再び距離を取る。体の軸を無くし、それでも拳だけを振りまわす両者の戦いは、ここに終止符を打った。「右拳を折った」と判定を待つ間に述べたガルシア、裁定は29-28でガルシア、続いて29-28でチャンソン、そして最後の1人は29-28でガルシアに。

2010年最高試合賞候補に確実に挙がる試合に、ブーイングは不釣り合い。「俺はジャッジじゃない。自分のやるべきことはベストを尽くすこと」と正論を述べたガルシアだが、彼に非はない。

あれだけのファイトをして勝者になりブーイングが送られるなら、敗者として大歓声を受けた方が良いのか?

いずれにせよ、チャンソンにとっては厳しい判定結果に。あれだけの試合をして勝ち星がつかないのは気の毒という言葉を通り越し、悲劇といっても過言でない。ただし、ジョン・チャンソンの名はこの試合で一気に全米級になったに違いない。打ち合うための打ち合いでなく、勝つための打ち合い――。チャンソンは最高の気持ちを見せてくれた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY