この星の格闘技を追いかける

日本勢の苦戦続く、ROAD FC14 試合結果&レポート

RFC14

【写真】最終試合のコメディアンと佃の対戦を除いても、日本×韓国は0勝3敗。とにかくRFCでは勝敗重視のマッチメイクで日本勢が勝てていない。フェザー級王座決定戦で圧倒的有利と見られたクォン・ベヨンを破り、チェ・ムギョムがチャンピオンになったことも韓国MMA界の成長、層が厚くなっていることの証といえる(C)MMAPLANET

2014年2月9日(日・現地時間)

RFC 14

韓国ソウル

ソウル・オリンピックホール

ライト級/5分2R
○ユン・ヒョンビン
(韓国)
1R0分49秒
TKO
佃貴也×
(日本)
RFCフェザー級王座決定戦/5分3R+Ex
○チェ・ムギョム
(韓国)
4R終了
判定
詳細はコチラ
クォン・ベヨン×
(韓国)
ライト級/5分3R
○久米鷹介
(日本)
3R終了
判定
詳細はコチラ
エドゥアウド・シモエス×
(ブラジル)
バンタム級/5分3R
○キム・スーチョル
(韓国)
1R1分58秒
KO
詳細はコチラ
手塚基伸×
(日本)
フライ級/5分3R
○チョ・ナムジン
(韓国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
山上幹臣×
(日本)
ライトヘビー級/5分3R
○キム・ネチョル
(韓国)
2R4分28秒
KO
詳細はコチラ
野地竜太×
(日本)
第5試合 フェザー級/5分2R
○イ・ヒョンソク
(韓国)
2R終了
判定
キム・イサク×
(韓国)
バンタム級/5分2R
○キム・ホジュン
(韓国)
2R
TKO
キム・デミョン×
(韓国)
フェザー級/5分2R
○イ・ジョンヨン
(韓国)
2R
腕十字
クォン・セユン×
(韓国)
バンタム級/5分2R
○チョ・ヨンスン
(韓国)
2R終了
判定
ジン・テホ×
(韓国)
75キロ契約/5分2R
○ナム・イェウォン
(韓国)
1R
RNC
ムングントス・ナンディンエルデン×
(モンゴル)
PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF