この星の格闘技を追いかける

【RFC14】久米が日本勢として、一矢報いる判定勝利

Kume def Simoes

【写真】久米は初めてのブラジル人との対戦で、1年3カ月ぶりの勝利を手にした(C)MMAPLANET

<ライト級/5分3R>
久米鷹介(日本)
Def.3-0
エドゥアウド・シモエス(ブラジル)

サウスポーのシモエスが左ストレート、久米も右ハイキックを返す。久米がシモエスの左ストレートに合わせて組みつくと、シモエスは引き込むようにガードポジションへ。足関節を狙いながらトップポジションをうかがう。ハーフガードで上になった久米はトップポジションをキープしてパウンド。久米はシモエスの足関節狙いの動きを落ち着いてさばいてサイドポジションへ。シモエスの脇を空けさせるように抑え込み、コツコツとパンチを落としていく。残り1分、シモエスはケージを蹴って後転して逃げようとするが、久米はトップポジションをキープ。最後はマウントポジションを取って1Rを終えた。

2R、久米が右ミドルとアウトロー。シモエスもジャンプしての左ミドル、左ストレートから前に出る。久米は距離を取りながら右ミドルを蹴り、シモエスの左ミドルを受けて距離をつぶすとテイクダウンを奪う。サイドポジションを取った久米は脇を差して鉄槌を落とす。シモエスがガードに戻して蹴り上げや足関節を狙っても、久米はトップキープしたまま、パスガードを狙いつつパンチを落としていく。最後はインサイドガードでシモエスの頭をケージに押し付けパンチを打ち込んだ。

3R、シモエスが前手で距離を測りながら左ストレート。久米は組みついてケージに押し込み、テイクダウンを奪う。久米はここまでのラウンドと同じようにシモエスの下からの仕掛けを潰して細かくパンチを落とし続ける。残り2分過ぎでブレイクとなるが、すぐに組みついた久米がシモエスをケージに押し込み、シングルレッグでテイクダウンを奪う。そこからパウンドで攻め続け、シモエスの足関節をさばいたところで試合終了。久米が危なげない試合運びでシモエスを下し、日本勢として一矢報いた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY