この星の格闘技を追いかける

【Grachan42 X Gladiator011】グラジ・ライトフライ級王者の宮城が、接戦で石綱にスプリット判定勝ち

Miyagi【写真】試合後も笑顔がなく、動きが悪かったと振り返った宮城。動きが悪い時に得た白星を今後に生かしたい (C)MMAPLANET

22日(日)に東京都大田区の大田区産業プラザPIO開催されたGRACHAN42✖GLADIATOR011。両プロモーションにとってベストイベントという声も挙った同大会の模様──ここではグラジエイター・ライトフライ級チャンピオン宮城友一✖現在は中国で活躍中の石綱テツオの一戦を振り返りたい。


<フライ級/5分2R>
宮城友一(日本)
Def.2-1
石綱テツオ(日本)

Miyagi 01英雄伝説、武林風と中国で活躍中の石綱と修斗でも上位進出を目指す宮地の一戦。ローでの探り合いから、石綱が宮城のローに左ジャブを合わせる。宮城は踏み込んで右フックもやや大振りで、そのままクリンチでケージへ移行する。金網の攻防はテイクダウンよりヒザの蹴り合いとなり、一旦離れもすぐに宮城がケージに石綱を押し込む。ここも両者がヒザを突き上げ、ケージ中央に戻ると左ジャブの相打ちと互角の攻防が続く。

Miyagi 02宮城の左ジャブに右を合わせた石綱だが、足払いのようなローで姿勢を乱す場面も。ジャブが当たるようになった宮城だが、右はまだ大きく逆に石綱の左ストレートを合わされる。続くクリンチの攻防で、ワキを差した宮城の小外を石綱は小手を返そうとする。ここを宮城が耐えると、石綱のヒザがワキ腹に。宮城もヒザを蹴り返し、初回が終わった。

Miyagi 032R、右ローから左ミドルハイを蹴った石綱の右ストレートが宮城の顔面を捉える。さらに左ローを蹴ろうとしたところで左ジャブを当てるなど序盤は石綱のペースに。宮城は力が入っており、打ち始めが非常に分かりやすくなっている。それでも踏み込みに右アッパーを合わせ、接近戦で手数をまとめ右を当てると石綱がケージに下がる。体を入れ替えてダブルレッグを仕掛けた石綱は逆に金網を背負わせるが、右ヒザを顔面へ。

Miyagi 04距離を取り直した宮城が左ジャブをヒットさせ、石綱のジャブをかわして右を伸ばす。自らの前蹴りでバランスを崩した石綱が尻もちをつき、殴りにきた宮城にシングルを仕掛ける。左足を持ち上げられた右ヒザをマットにつくとがぶられる。宮城の立ち上がり際にパンチを打った石綱は再び組みつく。押し返した宮城は、押し返されそうになり右ヒザをボディへ。

Miyagi 06互いに小外掛けを耐え、試合はケージ中央へ戻る。ここで左を当てた宮城に対し、石綱が左ミドル、そして左ストレートを伸ばす。やや近い距離でのパンチの交換で優位に立った宮城が左ジャブ、石綱も負けじと右ストレートを顔面に入れる。

宮城は下がらずテンカオ、左ジャブの相打ちから右ストレートをヒット。さらにヒザ蹴りを狙ったところでタイムアップとなり、一進一退の攻防は宮城がスプリット判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie