この星の格闘技を追いかける

【UFC ESPN07】無敗のKOマシーン=ホーゼンストライク戦を前にアリスター、「4連勝すれば良いだろう?」

Alistair【写真】アリスターの勝負は一発被弾してから始まる (C)Zuffa LLC/UFC

7日(土・現地時間)、ワシントンDCのキャピタルワン・アリーナで行われるUFC on ESPN07「Overeem vs Rozenstruik」のメインでアリスター・オーフレイムがジャルジーニョ・ホーゼンストライクと対戦する。

当初、今大会のメインでアリスターはウォルト・ハリスと対戦予定だったが、ハリスの義理の娘が行方不明になるという事件が起こり、(※1カ月後に遺体で発見されるという痛ましい結果になってしまった……)対戦相手がホーゼンストライクに変更された。

スリナム出身、キックボクシングではオランダのSLAMや中国のWFL(武林風)で世界を究め、MMA転向後も9連勝で8KO勝ちという圧倒的な強さを見せる新鋭との対戦を前にアリスターが何を話したのか。記者会見での質疑応答がUFCより届いたので、お届けしたい。


──対戦相手が急遽変更され、無敗のKOアーチストが相手になったことをどう思っている?

「対戦相手はとても強い選手だ。決して楽な試合にはならない。ただし、準備は整っている。ここ数カ月、ハードトレーニングをこなしてきた。もう少し、早く試合がしたかったぐらいだ。試合がなかなか決まらなかったので、その分トレーニングができた。それにこういうタイプのファイターとの試合はいつも楽しみにしている。ホーゼンストライクの過去数試合で印象深い戦いをしてきた。この試合でもその調子で戦ってほしい」

──これまでジムを色々と変わってきたけど、今はエレベーション・ファイトチームで練習しているね。ジムを変わることで成長しているのだろうか。

「全てにおいて成長している。サブミッションゲーム、レスリング、打撃、全ての準備をしてきた。このチームは凄くエネルギッシュで色々な化学反応が起きているよ。自分の家のようなチームで練習し、毎日のように強くなってきた」

──3連勝を果たしてタイトル戦線に戻りたいと言っていたけど、この次のステップはどう考えている? アレキサンダー・ヴォルコフ、あるいはジュニオール・ドスサントスと戦ってランクを上げたいという気持ちは?

「まずはこの試合を終えないと何も言えない。ただし、タイトル戦線に戻りたいことは絶対だ。それには今回の試合と、もう1試合は勝利が必要だろう。4連勝すれば、悪くないだろう?」


            
■ UFC on ESPN07対戦カード

<ヘビー級/5分5R>
アリスター・オーフレイム(オランダ)
ジャルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)

<女子ストロー級/5分3R>
シンシア・カルヴィーロ(米国)
マリナ・ホドリゲス(ブラジル)

<ヘビー級/5分3R>
ステファン・ストルーフ(オランダ)
ベン・ロズウェル(米国)

<女子バンタム級/5分3R>
アスペン・ラッド(米国)
ヤナ・クニツカヤ(ロシア)

<バンタム級/5分3R>
コディ・ステーマン(米国)
ソン・ヤードン(中国)

<バンタム級/5分3R>
ロブ・フォント(米国)
リッキー・シモン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
チアゴ・アウベス(ブラジル)
ティム・ミーンズ(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジェイコブ・キルバン(米国)
ビリー・クゥアンティロ(米国)

<フェザー級/5分3R>
ブライス・ミッチェル(米国)
マット・セイレス(米国)

<ライト級/5分3R>
マット・ワイマン(米国)
ジョー・ソレツキ(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ヴィルナ・ジャンジローバ(ブラジル)
マロリー・マーチン(米国)

<ミドル級/5分3R>
トレバー・スミス(米国)
マフムド・ムラドフ(ウズベキスタン)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie