この星の格闘技を追いかける

【Grachan42 X Gladiator011】石綱テツオと対戦、宮城友一─01─「グラジエイターのおかげで今がある」

Yuichi Miyagi【写真】ショッキングピンクの閃光。打撃の圧力が上がり、ケージレスリングでの首相撲の使い方も格段に良くなっている宮城 (C)MMAPLANET

22日(日)に東京都大田区の大田区産業プラザPIOで開催されるGRACHN42XGLADIATOR011。

同大会でグラジエイター・ライトフライ級チャンピオンの宮城友一が石綱テツオと対戦する。体制を一新して以来、今回が11度目のイベントとなるグラジエイターにおいて、宮城は実に7大会で戦ってきた。

この間、修斗沖縄大会でも2年連続フィニッシュ勝利を挙げた。宮城の成長を支えてきたのはグラジエイターで積んできた場数だ。「グラジエイターのおかげで、今がある」と語る宮城に、その想いの強さと石綱戦から先に何を見ているのかを尋ねた。


──22日、石綱選手と対戦します。この試合はグラジエイター枠と考えて良いのでしょうか。

「そうですね。グラジエイターの試合です」

──グラチャンとの合同興行でグラジエイターの試合をするということで、何か特別な想いはありますか。

「僕はグラジエイターのおかげで今があると言えます。だから試合内容もそうですが、格闘技のレベルとしてグラチャンの試合に負けたくないという気持ちです。そうですね……競技としてのMMAのレベル、完成度で負けたくないというのはあります」

──その完成度が上がったのが、グラジエイターで試合をしてきたからだと。

「グラジエイターに出る前は、砂辺さんから『練習での強さを試合で発揮できていない』とよく指摘されていたんです。その点については長い間、悩んでいました。それがグラジエイターで櫻井代表にチャンスを頂いてから30パーセントしか出せなかったのが、40パーセントになり、そこから50パーセントにという風に力を出せるようになってきました」

──宮城選手は体制が変わったグラジエイターの旗揚げ大会から出場していますね。

「もう、どこの大会からもチャンスはもらえないという状況で、グラジエイターが新体制になると知った時に出たいと思って……。それを砂辺さんに伝えたら、櫻井代表に連絡してくれたんです。でも正直、和歌山の大会だし試合ができるかどうかという状況だったと思います。それを櫻井代表が了解してくださって。

和歌山に行くと想像以上に大きな舞台で……とにかく、戦う機会を与えてくれた感謝の気持ちは忘れていません。

しかも、僕は新生グラジエイターの第1回大会で負けているんですよ(苦笑)。『もう絶対に使ってもらえない』と思っているところで、またチャンスを与えてもらった。僕なんて沖縄から出ても、チケットが売れるわけでもないのに……櫻井代表には感謝しかないです。本当にそこの部分は持ち続けています。

こないだも修斗の沖縄大会に出させてもらいましたが、僕はグラジエイターの代表として戦っているつもりです。これからも櫻井さんが組んでくれる試合、櫻井さんが指名してきた相手とは優先して戦うつもりでいます」

──グラジエイター愛が満ち溢れていますね。

「でも僕、櫻井代表とほとんど話したことがないんです(笑)。挨拶ぐらいで……試合に関しては、交渉事が苦手なので砂辺さんがやってくれています。だから僕がこれだけグラジエイターへの想いがあることも、櫻井さんはご存知ないと思います(苦笑)。そうですね。グラジエイターの中でも外でも勝つことが、僕ができる恩返しだと思っています」

──今後は修斗でも戦っていきたいということですか。

「それは修斗に限らず、来年の7月には砂辺さんが沖縄でパンクラスの大会を開きますが、そこにも出たいと思っています。チャンスがあれば、どんどんトライしたいです」

──修斗で戦ううえで、今回の試合は首都圏で組まれることで修斗関係者にもアピールできるのではないでしょうか。

「それは思っています。東京で試合をして、少しでもメディアの目に触れるところで戦えば、とは」

──そのためにも石綱選手との試合は大切になってきます。

「ハイ。石綱選手は最近、中国で試合をしていて調子が良いみたいなんです。4試合とか勝っているみたいで。そこはもう純粋に凄いことだと思います。

自分は4年前に中国で試合をして(※2015年9月)、秒殺で負けているんです。その中国で結果を残せるというのは、必ず強さがあるからだと思います。打撃もガンガンいって、寝技でも積極的に一本を狙う選手で展開を作ることができるので不安……不安ではないですね、警戒しないといけないです」

<この項、続く

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie